So-net無料ブログ作成
前の3件 | -

シラスウナギの歴史的不漁。日本は資源管理に大きく踏み出せるのか? [経済]

ウナギの稚魚であるシラスウナギが歴史的不漁となる見込みです。参考記事によれば、シラスウナギの漁獲量はピークの1963年(232トン)以降減少傾向にあり、近年最低だった2013年で5.2トン、2018年はそれを下回る見通しとのこと。

現在流通しているウナギの多くが養殖ですが、卵からの完全養殖が未だ商業ベースに乗っていないため、養殖はシラスウナギの育成によって行われます。したがって、シラスウナギの不漁はウナギの価格や流通量に直結します。また、海外からの輸入の多くを占める中国、台湾産も、日本近海に来るウナギと産卵場所はほぼ同じと考えられており、同地域のウナギが減少していることを考えれば、ウナギの高騰は避けられないでしょうし、養鰻業者や鰻専門店には大打撃となるでしょう。

とはいえ、日本近海に限ってもウナギの減少傾向は続いていたわけであり、資源保護を巡る国内外の取り組みが後手後手に回っていたことは否めません。予想されるウナギの高騰により、ウナギの消費量は抑えられる一方、高騰を狙ってさらなる乱獲が懸念されることから、市場経済に任せるだけでは、近い将来、ウナギは絶滅状態になるでしょう。

ウナギの資源保護のための国内外の枠組みを作るとともに、密漁や不正取引の取り締まり、違法流通に対する収益のはく奪を強化するとともに、生態の把握を含め、完全養殖の実用化に向けた研究を加速させるための投資を行うべきです。また、場合によっては、養鰻業者や鰻専門店の廃業に対する手当も必要になるかもしれません。

過去、ニシン、ハタハタ、ホッケなど、乱獲や資源管理の失敗によって日本近海から姿を消し、食卓から遠ざかった魚種がいくつも見られました。ウナギもすでにそうなりつつあります。同じ失敗を繰り返さないよう食い止められるか、大げさに言えば、水産業に関する日本の政治・行政の底力が問われているのではないでしょうか。

≪参考記事≫
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO25757510W8A110C1QM8000/
nice!(0)  コメント(0) 

またも動くゴールポスト?慰安婦問題の日韓合意対応 [国際]

いわゆる慰安婦問題に関する日韓合意につき、韓国の文大統領が事実上の追加措置を日本に求めている件。個人的には、「最終的不可逆的な解決」としての日韓政府間合意だったにも関わらず、新たな対応を期待する韓国に対し、深い失望を感じています。

もっとも、韓国側は、合意の再交渉は求めておらず、また、合意の履行についても、全面的に放棄したわけではなさそうです。その意味では、今回の韓国の対応は、依然として韓国の国内問題と考えるべきだと思います。
日本政府としては、引き続き合意の存在を前提として韓国にその履行を求めるとともに、過激な世論に引きずられた過剰反応によって日本の国際的なイメージが低下するのを避けるよう、注意して行動すべきでしょう。

韓国は、いわゆる慰安婦問題への日本の対応を通じ、日本が女性に対する性的な暴力に対し寛容であるという、ネガティブな国際世論を作るよう動いてきた節があります(それが韓国の国益にどうつながるのか、私には理解できませんが。。。)。

したがって、今回も、国際世論の視点で日本がマイナスにならないような配慮が必要だと思います。合意への対応とは別に、日本が女性への性暴力被害に対し前向きに取り組んでいる姿勢は、これまで以上に強く示していく必要があるでしょう。

≪参考記事≫
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20180113-00000812-fnn-int


nice!(0)  コメント(0) 

ダルマを飲みながら~イーグルの話~ [新宿]

「ここのシャンデリアがよい」

そう言われて知人に連れてこられたのが最初。

アルタ裏、サントリーラウンジ「イーグル」。

地味目かつチープっぽい看板の横をすり抜けて地下に降り、
中に入ると、高級感ある、しっかりした調度のホール。

シュッとしたスタッフがキビキビ動き、カウンターには、
やはりシュッとしたバーテンがシェイカーなど振る。

先日、そんなイーグルを久々にのぞいてみた。

それなりに繁盛しており、
地下2階のカウンターの真ん中あたりに通される。

ウィスキーのロックを嘗めながら周りを見ると、
カウンターのほかにテーブル席が複数あり、
全体的にいささかアダルトな年齢層。

適度な喧騒の中、本を読みつつちびちびやってると、
ちょいと喧騒が高まりつつある。

見ると、勤め上がりと思しき会社員風の4人に、
エンジンがかかって盛り上がりつつあるみたい。

すると、

シュッとしたホールの男子1名、当該テーブル席に忍び寄り、

「他のお客様のご迷惑になりますので」

と、静かに力強く言ってのけた。

ほう。

その対応に、何とはなしに感心してしまった。
大事なのですな、雰囲気作り。

ちなみに、イーグルは、ウィスキーシングルが200円からと、
かなり優しい設定。しかもノーチャージ。

高い酒はそれなりにするし、女子にカクテルを振舞うと意外に高くつき、
フードも安くはないけど、 普段飲む安酒をいい雰囲気で楽しむには、
調度よい場所。

ちなみに僕はダルマこと、サントリーオールドを嗜むのが常。

素面の夜、ダルマのボトルを思い浮かべつつ、眠りにつくことにしよう。

nice!(0)  コメント(0) 
前の3件 | -