So-net無料ブログ作成
検索選択

樽一雑感 [新宿]

スポンサーリンク




さくら水産も、蔵元居酒屋清龍も、健心流もそれぞれ良さはあり悪くは無いが、
新宿のいわゆる居酒屋で好きなのは、やはり樽一である。

樽一は、複数人で行くのも良いが、基本的には一人でカウンターの方が多い。
たいがいは飲み始めで、その日のその日の自分への慰労である。

毎度毎度の凝った突き出しをアテに、枡に注がれた浦霞の金ラベルを口に含み、
転がし、喉を通すと、細胞がざわめくような感覚すら覚える。

何も浦霞の金ラベルが世界で一番美味い酒というつもりはないが、たまに樽一にくるときは、
仕事を終えて疲れていながら、どこか気はそぞろで、しかも素面だ。

そんな気分を、酒は上手に射抜いてくる。

ここでメニューを見て、その日の刺身を一つ、今時分ならいさきだろうか、好みの
刺身が無ければ、カウンター一人客用に、いつも鯨の刺盛りがあるので、それを頼む。

目の前には、大きな酒の冷蔵庫があり、思い思いのラベルや瓶を見れば、
それ自体が肴のような気がしてしまう。

おしむらくは瓶ビールがサッポロラガーからキリンの一番絞りに変わったことだが、
なに、日本酒がこんなに美味ければとりあえずビールは要らない。

刺身と酒が無くなったとき、思案のしどころで、もう少し、飲むか、食うか。
財布やら体調やらなんやらかんやらの、悩ましい、総合的な判断が必要とされる。

樽一は、刺身以外にも、ハリハリ鍋をはじめとする鯨料理をはじめ、
何を食っても、そして飲んでも概ね美味い。

それは分かっている。

ただ、また来たときのために食べたいものを取っておこうと、後ろ髪を引かれながら
勘定を済ませるのもまた、一興だとは思っているのである。

次に樽一に行くのは、いつのことやら。




スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: