So-net無料ブログ作成

鯛のかぶと焼 [食べ物系]

スポンサーリンク




好きな魚料理の一つに、鯛のかぶと焼がある。
言うまでも無く、鯛の頭に塩(≒ソジウムクロライド)を振って焼いたもの。

かぶと煮もよいが、ちょいとばかり甘すぎるときがあるので、焼きに軍配。

かぶと焼の面白さは、一皿で、鯛の旨味の千変万化を味わえること。
いささかグロテスクな鯛の頭のてっぺんをつつき、目玉をほじくり、頬肉をせせる。

確かに鯛は鯛なのだが、それぞれに、食感や風味が異なり、そして美味い。
ほじくりせせるので、おのずと食べるのに時間がかかるのも、奥ゆかしくてよい。

また、それほど立派でなくても、小ぶりの鯛の頭で十分味わい深いのも
ポイントが高い。清龍辺りでは、たまに500円で食えるのもありがたい。

かぶと焼を堪能し終わる頃には、鯛の頭だったものはバラバラの骨片に
姿を変え、その中に、かわいい鯛の鯛が残る。

そこはかとない、満足感。

そんなわけで、冷酒と鯛のかぶと焼があれば、一人でも、豊かな時間が過ごせると、
個人的には思うのである。

そんな妄想をいだきながら、狭いアパートで今夜も一人夜を迎えることにしよう。



スポンサーリンク



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました