So-net無料ブログ作成
食べ物系 ブログトップ
前の5件 | -

せせり、ほじくり、すすり、噛む [食べ物系]

蟹を食らうのが好きなのである。

子どものころ、たまに父が茹でてくれた毛蟹。
太宰治と壇一雄が新宿の夜店で買ってバリバリと立ち食いしてたという毛蟹。

真っ赤に茹で上がったごんぶとい足のタラバガニや、流麗な肢体のズワイガニ。

ワタリガニならば、炒めても良いし、タイ料理や中華料理にある春雨と蒸した一皿も佳。
韓国料理のケジャンも捨て難い。

養老の瀧の980円の蟹セットも馬鹿にならない。

そんな中、新宿の中華屋、上海小吃で食う上海蟹も、趣があってよい。
紹興酒漬けの酔っ払い蟹も悪くないが、やはり圧巻は蒸し蟹だ。

拳を一回り大きくしたくらいの蟹が運ばれてくると、湯気の香りにすら心躍る。
何の変哲もない白い皿に鎮座した、ほの赤いそのお姿の神々しさ。

こちとら、颯爽と襲い掛かり、そんな湯気立つ蟹を無慈悲に解体する。

甲羅を剥ぎ、まずは裏側にこびりついた味噌を箸でこそげ取り、なめる。
次に半分に割り、黄色く輝いた味噌部分にむしゃぶりつき、すする。
素晴らしいコクと香りに脳内は早々に降伏してしまい、蟹味に占拠される。

普段はあまり美味いと思わない紹興酒だが、
蒸し蟹の味噌のコクと合わせると、無双。

胴体部分の身をすすり、噛み砕き、せせり、ほじくった後は、小さな足も丁寧に噛み砕き、
ほじくり、すすり、味噌のコクとは異なる清浄かつたおやかな旨味を堪能する。

紹興酒は、ここでも蟹のよき友だ。

いつしか、蟹の形は跡形も無く消えうせ、丼に白交じりの薄い赤色をしたキチン質が、
うずたかく積まれている。宴は終る。

可食部分が少ないにもかかわらず、とりどりの味があり、かつ楽しく手間もかかる蟹。
たぶん、紹興酒の酒の肴としては最良のものの一つだと思うのである。

そんなことをだらだらとしゃべっていたら、上海小吃の店長に、

「ゼイタクネー!」

と、ほがらかに笑われてしまったとさ。

蟹などと身分不相応なものを、ほんのときたま食べる機会の、有難さときたら。

nice!(0)  コメント(0) 

鯛のかぶと焼 [食べ物系]

好きな魚料理の一つに、鯛のかぶと焼がある。
言うまでも無く、鯛の頭に塩(≒ソジウムクロライド)を振って焼いたもの。

かぶと煮もよいが、ちょいとばかり甘すぎるときがあるので、焼きに軍配。

かぶと焼の面白さは、一皿で、鯛の旨味の千変万化を味わえること。
いささかグロテスクな鯛の頭のてっぺんをつつき、目玉をほじくり、頬肉をせせる。

確かに鯛は鯛なのだが、それぞれに、食感や風味が異なり、そして美味い。
ほじくりせせるので、おのずと食べるのに時間がかかるのも、奥ゆかしくてよい。

また、それほど立派でなくても、小ぶりの鯛の頭で十分味わい深いのも
ポイントが高い。清龍辺りでは、たまに500円で食えるのもありがたい。

かぶと焼を堪能し終わる頃には、鯛の頭だったものはバラバラの骨片に
姿を変え、その中に、かわいい鯛の鯛が残る。

そこはかとない、満足感。

そんなわけで、冷酒と鯛のかぶと焼があれば、一人でも、豊かな時間が過ごせると、
個人的には思うのである。

そんな妄想をいだきながら、狭いアパートで今夜も一人夜を迎えることにしよう。

スープは熟練を必要とする、、、 [食べ物系]

初夏の夕暮れ、街並みに煙が立ち込めて鼻をくすぐると、一口大にやや欠けるくらいに
切った様々な部位の肉を串に刺し炙った代物を、ふと思い出す。

まあ、焼き鳥とかやきとんの類ですな。

手ごろな大きさの肉に噛みつけば、程よく焼けた塊が、あるときは肉汁を放つ繊維として
ほぐれ、あるときは芳醇な脂で弾け、あるときは蠱惑的な歯ごたえが愉しく、またあるときは
野趣溢れる臓物のコクと香りを解放する。

日本酒もやビールも悪くないが、ここはホッピーかレモンサワーで流し込むのがよい。

何もその手の店を端から端まで食い歩いたと言えるほど詳しくはないが、人間も中年に
差し掛かれば、諸々食らった経験だけが降り 積もっている。

有楽町のガード下、登運とんで国会周辺のデモに参加してきた運動家たちとつまんだり、
新宿のカミヤで急かされるように勢いで皿を重ねたり、渋谷の鳥竹で大ぶりな串にかぶり
ついたり、学生時代立川で友人のバイト先の鶏レバーに感動したり。

ちゃんとした串焼きは、やはり美味いものである。

かつてフランスの食通ブリア・サヴァランは、

『スープは熟練を必要とする、焼肉は天才を必要とする』

と述べたという。

異国のことは不勉強で知らないが、日本では、陋巷に名もなき天才が溢れているのでは
なかろうか。などと一本の焼き鳥を思い出しては感じる次第。

給料でも入ったら、また、経験でも積み重ねに参ることにしよう。

氷頭なます [食べ物系]

好物というほどでも無いが、あればあったで、
つい食べたくなるものはいろいろとある。

例えば、氷頭なますなんかがそう。

鮭の頭の軟骨を薄切りにして、酢で和えて味をつけたもの。

初めて食べたのはいつか、記憶の彼方ではあるが、二十歳はゆうに越えていただろう。
コリコリした歯触りを楽しめば、確かに感じる鮭の風味があえやかで、あくまで涼やか
な酢の流れで洗われる。

きりりとした、清水のような酒に合わせるのがよい。

氷頭なますの風味は、センチメンタルな気分のとき、どこか、失われた若さのような
切なさすら感じてしまう。

あるときは居酒屋で、あるときは割烹料理屋で、あるときは蕎麦屋で、
氷頭なますをついばんできた。

決してメインにはなり得ないし、いぶし銀というには爽やかに過ぎるその存在は、
舌と胃袋に確かな足跡を残しているに違いないのである。

ある春の日になぜだかふと思い出した氷頭なます。
今度はどこで食らうことになるのだろうか。

また、忘れた頃にでも。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

五反田、寿司、諸行無常 [食べ物系]

回らない寿司屋なんぞまずいかないもんだが、物事には例外がある。
五反田駅ガード下の都々井。立ち食い寿司ですな。

有楽町のガード下、葵も悪くないけど、現在の行動パターンと全体的な印象で、
五反田に軍配。

寿司は二貫で三百円~五百円。刺身なんかはつまみでもやってくれる。
小腹が空いたときにはちょいと寿司をつまめるし、むろんビールも酒もある。

冬なんざ、燗酒にあん肝や白子とかでしんみりするのも悪かないし、
夏はいさきの刺身あたりで、冷酒をあおりたい。

〆に烏賊の握りなんかでもあれば、もう、申し分ない。

立ち食いだから、さっと食って飲んで、泥酔せずに済むのもありがたい。
何となく、上品なままの自分でいられる気がする。

そうそう、立ち食い寿司に行くなら、一人に限る。

都々井は、そんな立ち食い寿司の魅力のイデアを存分に顕現した店だった。

さて、大人になってしばらく経てば子供時代が懐かしい。

何にも知らない(ああ)子供に戻って(ああ)やり直したい夜もたまにあるけど、
寿司屋で皿の色を気にせずに自分で選べて、かつ、軽く引っかけられるのは
大人の特権。

生きるのが大変なご時世、ふと思い出したときに特権を行使しても、
罰は当たるまいと思う今日この頃 なのですな。

だが。

そんな都々井が、この3月18日で閉店とのこと。

事情は様々あろうけど、大したヘビーユーザーではなかったけれど、
なんとなく、ただただ残る、一つまみの寂しさ。

せめて、五反田駅のガード下にいささかステキな寿司屋があったことを、
人生の時の時として忘れずにいようとは思う。

【参考記事】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000095-it_nlab-life

前の5件 | - 食べ物系 ブログトップ