So-net無料ブログ作成
検索選択
食べ物系 ブログトップ
前の5件 | -

スープは熟練を必要とする、、、 [食べ物系]

初夏の夕暮れ、街並みに煙が立ち込めて鼻をくすぐると、一口大にやや欠けるくらいに
切った様々な部位の肉を串に刺し炙った代物を、ふと思い出す。

まあ、焼き鳥とかやきとんの類ですな。

手ごろな大きさの肉に噛みつけば、程よく焼けた塊が、あるときは肉汁を放つ繊維として
ほぐれ、あるときは芳醇な脂で弾け、あるときは蠱惑的な歯ごたえが愉しく、またあるときは
野趣溢れる臓物のコクと香りを解放する。

日本酒もやビールも悪くないが、ここはホッピーかレモンサワーで流し込むのがよい。

何もその手の店を端から端まで食い歩いたと言えるほど詳しくはないが、人間も中年に
差し掛かれば、諸々食らった経験だけが降り 積もっている。

有楽町のガード下、登運とんで国会周辺のデモに参加してきた運動家たちとつまんだり、
新宿のカミヤで急かされるように勢いで皿を重ねたり、渋谷の鳥竹で大ぶりな串にかぶり
ついたり、学生時代立川で友人のバイト先の鶏レバーに感動したり。

ちゃんとした串焼きは、やはり美味いものである。

かつてフランスの食通ブリア・サヴァランは、

『スープは熟練を必要とする、焼肉は天才を必要とする』

と述べたという。

異国のことは不勉強で知らないが、日本では、陋巷に名もなき天才が溢れているのでは
なかろうか。などと一本の焼き鳥を思い出しては感じる次第。

給料でも入ったら、また、経験でも積み重ねに参ることにしよう。

氷頭なます [食べ物系]

好物というほどでも無いが、あればあったで、
つい食べたくなるものはいろいろとある。

例えば、氷頭なますなんかがそう。

鮭の頭の軟骨を薄切りにして、酢で和えて味をつけたもの。

初めて食べたのはいつか、記憶の彼方ではあるが、二十歳はゆうに越えていただろう。
コリコリした歯触りを楽しめば、確かに感じる鮭の風味があえやかで、あくまで涼やか
な酢の流れで洗われる。

きりりとした、清水のような酒に合わせるのがよい。

氷頭なますの風味は、センチメンタルな気分のとき、どこか、失われた若さのような
切なさすら感じてしまう。

あるときは居酒屋で、あるときは割烹料理屋で、あるときは蕎麦屋で、
氷頭なますをついばんできた。

決してメインにはなり得ないし、いぶし銀というには爽やかに過ぎるその存在は、
舌と胃袋に確かな足跡を残しているに違いないのである。

ある春の日になぜだかふと思い出した氷頭なます。
今度はどこで食らうことになるのだろうか。

また、忘れた頃にでも。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

五反田、寿司、諸行無常 [食べ物系]

回らない寿司屋なんぞまずいかないもんだが、物事には例外がある。
五反田駅ガード下の都々井。立ち食い寿司ですな。

有楽町のガード下、葵も悪くないけど、現在の行動パターンと全体的な印象で、
五反田に軍配。

寿司は二貫で三百円~五百円。刺身なんかはつまみでもやってくれる。
小腹が空いたときにはちょいと寿司をつまめるし、むろんビールも酒もある。

冬なんざ、燗酒にあん肝や白子とかでしんみりするのも悪かないし、
夏はいさきの刺身あたりで、冷酒をあおりたい。

〆に烏賊の握りなんかでもあれば、もう、申し分ない。

立ち食いだから、さっと食って飲んで、泥酔せずに済むのもありがたい。
何となく、上品なままの自分でいられる気がする。

そうそう、立ち食い寿司に行くなら、一人に限る。

都々井は、そんな立ち食い寿司の魅力のイデアを存分に顕現した店だった。

さて、大人になってしばらく経てば子供時代が懐かしい。

何にも知らない(ああ)子供に戻って(ああ)やり直したい夜もたまにあるけど、
寿司屋で皿の色を気にせずに自分で選べて、かつ、軽く引っかけられるのは
大人の特権。

生きるのが大変なご時世、ふと思い出したときに特権を行使しても、
罰は当たるまいと思う今日この頃 なのですな。

だが。

そんな都々井が、この3月18日で閉店とのこと。

事情は様々あろうけど、大したヘビーユーザーではなかったけれど、
なんとなく、ただただ残る、一つまみの寂しさ。

せめて、五反田駅のガード下にいささかステキな寿司屋があったことを、
人生の時の時として忘れずにいようとは思う。

【参考記事】
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170310-00000095-it_nlab-life

寒い夜だから [食べ物系]

ねぎまを待ちわびて。

もちろん焼き鳥ではなく、鍋に出汁とか醤油とかを張って、葱と鮪をぶち込んで、
くつくつと、煮えるがままに食らう代物。

最初にその存在を知ったのは、やはり、例によって『美味しんぼ』様。

人事部長に睨まれた冨井副部長の窮地を救ったのが、士郎提供のねぎまだったっけ。
煮えくり返った熱々のネギの芯を喉の奥に受け、悶絶する人事部長と富井氏。

懐かしい痛みだわ。

長ネギだったら何でもいいが、できればきばって、肉厚なやつ、下仁田ネギあたりが良いと思う。

鮪は、そりゃ、故:松方弘樹氏が釣りそうなクロマグロなんだろうが、別にミナミマグロでも、
インドマグロでも、キハダマグロだってよかろう。

ビンチョウは、ちょっと趣に欠けると思うのでパス。

何でも江戸時代は、脂の強いトロなんかの方が安かったそうだが、このご時世、
大トロや中トロをふんだんには使えまい。血合も入った、したたるような赤味で十分だ。

とはいえ、赤味だけだとすぐ火が通ってパサついて、ぐずぐず食うのに面白くない。

たぶん、アメ横辺りで買う、一見綺麗でありつつ実は頑固なまでに筋張ったサクを適当に
切った奴が良かろう。煮ているうちに、筋も柔らかくなるはずだ。

後は、湯気立つネギと鮪をやっつけるだけ。

鮪の脂が滲むとろけるようなネギにハフつき、ネギの香りを纏った鮪の筋肉の滋味を噛締める。
ちょいとよい酒を、燗にでもつけて合間合間にすすれば、なおよろし。

などと妄想に頭を侵されつつ帰路に就いたある冬の夜。
街風は今夜もどこか冷たくて。

さ、インスタント麺でも茹でようかね。。

タグ:ねぎま

小岩昼酒探訪記 [食べ物系]

先日、知人二人(A、B)と小岩で昼酒を嗜みまして。

実は住んでる場所は小岩に近いのですが、常日頃新宿のぬるま湯にすっかり浸かってしまい、儚いものへの憧れだけで、すぐ目の前にある幸せを忘れてしまっていたのです。そんな話を知人にすると、あれよあれよと小岩飲みの段取りが。

そんなわけで、とある日曜の昼過ぎ、総武線各駅停車小岩駅に集合したわけです。
先頭打者は、駅ビルを市川方向に抜けて突き当たりすぐ、「けやき」。

【けやき】
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13074611/

昼間なのにアダルトな小岩の紳士淑女が集う社交的な雰囲気。

A氏「でも、僕らも決して若くないしアダルトゾーンですよ」

・・・気を取り直して、秋刀魚の刺身と〆鯖、わかさぎの稚魚の卵とじを肴に、チューハイとビール。安定した美味さ。先頭打者ホームランです。はもと茸の天ぷら、金目鯛の刺身、土瓶蒸しなど、他のものを頼みたい心をどうにか抑圧し、三人ぐっと我慢。これからの作戦会議に充てることに。

次は、江戸川河原飲みの案も捨て難く候えども、酒屋の一隅、「角打ち」に焦がれ恋に啼く、心から、嗚呼愛しいOh中年エレジー、ということで山田やに向かう。

【山田や】
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13099215/

扉を見ると、「CLOSE」の札がかかっているが、明らかに中に人がいて飲んでいる。いぶかしくや思いけん、「開いてますか?」と尋ねれば、店主、「あ~、札ひっくり返すの忘れてた!」とのこと。

アイラモルトをはじめとした充実したウィスキーのラインナップに心奪われながら、三人、白ワインとシェリー×2でスタート。肴は、カマンベールチーズと、ノザキのウィンナーソーセージ缶。チーズはともかく、ウィンナー缶は久方ぶりで、汁に漬かったウィンナーのぷつりとした歯ごたえと肉の味がほのかにノスタルジーでありまして。

二杯目は、シェリー、赤ワイン×2。最近、辻静雄のワインの本を折に触れて読んでいるせいか、ボルドーはメドックの赤ワインがついつい飲んでみたく、僕はそれに。

ぷシュー。

ほろ酔い加減で再度駅方向に歩き出す。ここでB女史、歩きながら、

B「きったねーパン屋ないかなー♪きったねーパン屋ないかなー♪」

と歩きながらほがらかにパン屋を探しはじめた。気でも狂ったかと思ったが、どうも、街の小さなパン屋さんを指しているらしい。軽やかに無視しつつ、次は、「大竹」に行こうと思ったが満席で入れずうろうろ。

道すがら、「パン屋あったー!」と寄り道し、パンとかりんとうを購入したB女史。三人でかりんとうをぼりぼり食いつつ、そういえば「鳥喜」を思い出した。一人で入れない店なので、個人的に行ってみたかったのです。

【鳥喜】
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13200337/

レモンハイと、白レバーやねぎ間、鳥皮を堪能。皮の揚げた奴も美味。

鶏を食べた後は豚を食いたくなり、今度は「豚小屋」へ向かう。食べログでも点数かなり高いし、割と期待して行ったところ、開店20分くらいにも関わらず、満席&予約で入ることあたわざるなり。無念。

そして僕らは途方にくれるわけだが、ここで、A氏、B女史から、「さっき空いてなかった店にもう一回行ってみよう」と提案が。僕は度忘れてしてしまっていたが、数秒ほどして頭に電球。

そうだ、「大竹」があったじゃないか!

店の人「あら、さっき空きを聞いてきた人たちだね?」

今度は無事空いていたので、「大竹」をこの日の終着駅にすることとした。

【大竹】
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131204/13018084/

炭とやきとんの素晴らしきフレグランス漂うそこはやはりアダルト男子達が集う大人の社交場。

緑茶ハイ、レモンハイ、梅ハイをすすりつつ、煮込み、やきとんをむさぼり豚足をむしり食う。ついでに梅きゅうりも。どれも、抜群に美味い!というよりは、じんわりくる、手ごたえのある旨さといった感。狭いが、これはこれで寛げる気がするから不思議ではある。

ここまで来て、

A氏「ごめん、満腹でほとんど食べれない。。。」

と言ってひたすら梅きゅうりに専念。僕とB女史で、A氏の分まで肉を食らい楽しんだ。

食べ終わる頃には日はすっかり落ちて日曜の夜。週明けの憂鬱を抱えながら、東へ向かう僕と、西へ向かう二人、三者三様に帰路についたのでありました。

改めて、小岩は、攻め甲斐があると思います。今度は土曜日の早めの時間を狙い、聊(いささ)か復(ま)た自ら 私(ひそか)に期す。

では。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:グルメ・料理
前の5件 | - 食べ物系 ブログトップ