So-net無料ブログ作成
その他 ブログトップ
前の5件 | -

うろ覚え犯罪学~犯罪「者」対策から人と社会の相互作用へ~ [その他]

犯罪の原因を究明し、その防止や減少を図る手がかりを得るために研究されている学問が『犯罪学』。

犯罪学や、そこで考えられてきた犯罪という現象について、自分の思考の整理がてらに、はなはだざっくりとではありますが、まとめてみました。うろ覚えであり、かつ、できるだけ専門用語を使わないようにこころがけたので、ところどころの記憶違いや不正確な記述については、平にご容赦くだされ。

さて、犯罪学の大きな流れを見ると、個々の異常な犯罪者にどう対処するかという問題からはじまりつつ、徐々に、犯罪が発生しやすい環境をどう変えていくか、という視点にシフトしているようです。

そんな、近代犯罪学のはじまりは、19世紀の欧州にさかのぼります。

1:犯罪者は、生まれながらに犯罪者?

近代科学によって犯罪を分析した最初の業績は、19世紀イタリアの精神科医、ロンブローゾの『犯罪人論』(1876年)といわれています。ロンブローゾは、解剖を通じ、犯罪者の容姿や骨格などを細かく分析し、犯罪者に共通するとされる特徴を抽出しました。例えば、「大きな眼窩」や「高い頬骨」などがそれとされます。

『犯罪人論』では、同時に、このような特徴の遺伝的性質についても言及されています。この研究によって、犯罪者は生まれながらにそうなりうる資質を持っている、と結論付けられました。これを、「生来性犯罪人説」といいます。もちろん、生来性の犯罪人とされる特徴を持った人が全て法律上の犯罪を犯すわけではなく、今ではこの理論だけで犯罪対策が考えられることはまずないと言ってもよいでしょう。

実際、一定の容姿や遺伝的特徴を持つ人を法的な犯罪を犯すリスクが高いとして何らかの対策を採ることは、大きな人権問題となるに違いありません。ただ、それまで宗教や哲学の問題とされがちだった犯罪問題に対し、近代科学の手法で犯罪を考えはじめた点、やはりロンブローゾの先駆性は失われないと思います。

2:犯罪者は「環境」によって生み出される?

遺伝や身体的な特徴だけが犯罪者を生み出すわけではないとしたら、いったい何を犯罪の要因と考えるべきでしょうか?

20世紀に入ると、生来性犯罪人説への批判や、再犯問題などで懲役や罰金といった刑罰の有効性についても、疑問視されるようにもなります。そこで、犯罪者の育った環境など、社会的要因がクローズアップされるようになりました。

ここで重要視されるのが、救貧対策などの社会政策です。この考え方の主唱者であるドイツの刑法学者リストは、「最良の刑事政策とは最良の社会政策である」との言葉を残しています。社会政策重視のほか、累犯と初犯の区別や、偶発犯罪・計画犯罪の区別など、犯罪者の個別事情に配慮した刑罰制度も主張されるようになります。

このような、環境=社会が悪いから犯罪者が生まれるという考え方や、個々の犯罪者に対応した処遇をすべきという理念は、現代の我々にとっても比較的分かりやすいものと言えます。実際、犯罪者矯正の実務では、犯罪の性質や、心理学などを応用した犯罪者の心理的特長なども考慮されているようです。

一方で、ある意味常識的に理解しやすい考え方であるが故に、我々の多くがそこで思考を止めがちです。ただ、現代の犯罪学は、もう少し議論を深めているようです。それは、犯罪者個人を相対化する試みといえるかもしれません。

続きはこちら


nice!(1)  コメント(0) 

『悪魔を憐れむ歌』 [その他]

本日発売の第二巻および第一巻の増刷分から、マンガ、『悪魔を憐れむ歌』の執筆協力をさせていただくことになりました。

ただ殺すのみならず、関節を折り曲げ、遺体を折りたたんだ状態にしてしまう連続猟奇殺人事件「箱折犯」。その真相を追う刑事と、なぜか隠蔽を試みる警察組織、そしてその被疑者であろう医師を巡るサスペンス作品です。

稠密な絵柄や、日常に潜む狂気を感じさせる人物たちの台詞、そして箱折犯を軸とした物語の展開も興味深いですが、個人的には、一巻巻末「せめてマンガの中だけだは、感じる痛みを謳歌できますように」という作者のメッセージに強く魅かれています。

例によって巻末に名前を記載していただいているようなので、もし手に取った際にはそっと微笑んでくださいませ。

【amazon】
https://www.amazon.co.jp/%E6%82%AA%E9%AD%94%E3%82%92%E6%86%90%E3%82%8C%E3%82%80%E6%AD%8C-1-%E3%83%90%E3%83%B3%E3%83%81%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9-%E6%A2%B6%E6%9C%AC%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AB/dp/4107719731
nice!(0)  コメント(0) 

問題意識の素描 [その他]

社会的分業の進化と生活のアウトソーシング化によって、
人は、自らの生活能力を減退させつつある。

通常は、そのことに気づくことすらないだろうし、
その流れをとどめることは誰にもできないだろう。

なぜなら、それは便利で自由な生活だからだ。

便利で自由な生活のどこが悪いのだ。
面倒なこと、いやなことは誰だってしたくない。
分業とアウトソーシングが進めば、その費用がかかる。
みんな、生産と消費を拡大し、経済成長のマッチポンプが
成立する。ある意味、いいことづくめだ。

こうして、人は主観的な万能感に浸りつつ、
客観的にはどんどん無能力化していることに、
気づこうとはしないし、誰も教えようとはしない。

それどころか、経済は需要に従い、主観的な万能感を助長する
コンテンツを手を変え品を変え提供し続ける。
しかも最近は、年少者が大きな市場となっている。
年少時代から、消費社会の中で育ち十分な万能感を身につけた
「保育器の中の大人」(岸田秀)が、こうして大量に栽培される。

そしてある日突然自分の無能力に気づき、驚愕する。

なぜ、私の意思が阻害されるのだ。

万能感にとって自分の意思がかなわないということは、
自分に対する不当な侵害以外の何者でもない。

敵は、他者なのだ。

そのとき人は、自由、もしくは考えられる美名の下に、
自分に不当な侵害を与えていると考えられる者を、
情け容赦なく排除しようとするだろう。

「神は自己だ。僕は絶対だ。」(夏目漱石「行人」)

こんな言葉は、明治よりも平成にこそふさわしい気がする。
夏目漱石は、坂の上の雲を追っていた時代に、いったい、
何を見ていたのだろうなあ。

やれやれ。

nice!(0)  コメント(0) 

いわゆる「保毛尾田」問題雑感 [その他]

かつてバラエティ番組の人気キャラクターだった「保毛尾田保毛男(ほもおだ・ほもお)」が、男性同性愛者を嘲笑の対象にしたとの批判を受けた問題。リアルタイムで番組を見て大いに笑っていた世代である自分としては、窮屈な時代になったと思う反面、当時も悩んだり苦しんだりした人がいたに違いないとも思い、複雑な気持ちになりました。

ただ、番組で傷ついた人々が声を発し、その声に対し表現側が公的な説明をするという仕組みができることは、率直に良いことだと思います。

現在でもそれなりの影響力を持っているテレビや新聞、雑誌その他のメディアでは目に見えない多くの表現規制があるはずです。その一方、例えば福島第一原発事故を巡るいわゆる放射能デマのように、産業や生活への風評被害を煽り、困惑した人々に対して、多くのメディアは誠実な対応を怠ってきたとは言えないと思います。

仮に傷ついた人がいたとして、声が大きい影響力ある意見には理由も説明も無く屈して表現の旗を降ろし、無視できる声に対してはいかに彼らが傷ついたとしても無視し続けるという態度には、好感が持てません。

大切なのは、表現をした人、表現に傷ついた人が、表現の意図や表現で生じる弊害などについてきちんと意見を交わし、問題点を整理することでしょう。その上で、問題となった表現そのものを差し止めるのか、表現を残した上で謝罪や賠償を通じて傷ついた権利の回復を図るのか、表現そのものも残すのか、きめ細かい対応を取るべきなのだと思います。

少し周りを見回せば、自分にとって不愉快な表現はメディアに満ち満ちています。しかし、それが個人的な感情に過ぎないのか、社会的な問題の一つなのかは、なかなか判断が難しいところです。また、その表現にどのように対応すべきかも、千差万別だと思います。その意味では、唯一の正しい正解があるとは限らないはずです。

だから、緊急性が高い場合を除き、一つ一つのケースで議論を重ね、かつそれをできるだけ公開することによって、少しずつコンセンサスとルールを作っていくことが求められるのでしょう。ともあれ、かつて笑っていた「保毛尾田保毛男」から真面目なことを考えさせられるとは、当時を振り返ると隔世の感があります。。。

【参考記事】
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171013-00000113-sph-ent
nice!(0)  コメント(0) 

共同体と個性~古代ギリシアを例に~ [その他]

ツキディデスの『歴史』と、 アリストファネスの喜劇『雲』&『女の平和』を軸に。

前者は、ペロポネソス戦争(紀元前431年 - 紀元前404年)の同時代史である。
ざっくり2500年くらい前で、中国では春秋時代が終わって、戦国時代の初期あたり。

ギリシア都市国家の二雄、アテナイとスパルタ(ラケダイモン)が、あるいは
自国の野心から、あるいは相互の同盟市に引きずられ、ずるずると、全面戦争を
おっぱじめる。

世界史上まれに見る直接民主体制を敷き、ペルシア戦争で勇名を馳せた海軍力
で地中海東部に海洋帝国を現出したアテナイと、寡頭体制の強力な陸軍国である
スパルタとでは、戦争の性質も、徐々に共同体の本質がにじみ出ざるを得ない。

途中休戦を挟みつつ、あるときは名将ブラシダスの活躍でスパルタが有利に立ち、
またあるときはペロポネソス半島西岸のピュロスをアテナイが包囲降伏させるなど、
戦況は一進一退。

この膠着をぶち壊したのが、アテナイのアルキビアデスだった。

彼は、能力と財力と人脈でアテナイ政界を主導すると、アテナイの総力を挙げた
シチリア遠征を決定し、司令官となる。ところが、遠征途中国内で失脚の可能性が
浮上すると、さっさと遠征隊に見切りを付けて、単身敵国のはずのスパルタへ。

スパルタでは、アテナイの急所とも言うべき地に要塞を建築させ、さらに、
スパルタの為と称してペルシアの将軍に接近しつつ、アテナイへの帰還にも
望みを抱いている。売国奴と言うのは簡単だが、複雑きわまりない。

結局、シチリア遠征隊はほぼ全滅し、艦隊や重装歩兵に大損害を受けたアテナイは、
以降守勢を強いられることになる。また、『歴史』ではそこまで触れられてないが、
この大戦はアテナイの完全降伏で終わる。スパルタからすれば、派手なオウンゴール
であろう。

アルキビアデスは、アテナイで頭角を現したのはもちろん、スパルタでも、
ペルシアの将軍相手にも、それなりの処遇を受けたのだから、おそらくは、
どこでも通用するブリリアントな能力と個性の持ち主だったはずだ。

だが、アテナイは、遠征途中の司令官である彼を失脚させようとするなど、彼の能力を
活かすことはできなかったし、彼もまた、失脚の危機が訪れると、あっさりスパルタに
乗り換えてみせた。

そこからは、あまりにも自由な民主政体の機能不全と、それが育んだ個人主義が
透けて見える。

アリストファネスの喜劇は、まさにこの時代に書かれた。
人物や事件に、ペロポネソス戦争の事実がそのまま使われている。
『女の平和』なんてテーマそのものがそれだし。

おそらく、現代では、国家が遂行している戦争をそのまま喜劇にすれば、
不謹慎のそしりを免れないだろう。この点をとっても、当時のアテナイの
文化的な自由さが窺える。

自由が無ければ人材は育たないだろうが、自由は人から共同体へのリスペクトを
失わしめるものだと思う。

ちなみに寡頭制スパルタは、戦勝後あまりぱっとせず、ギリシア内の都市国家相互の
覇権は、曲折を経て、最後マケドニアのアレクサンドロス大王が飲み込むことになる。

アルキビアデスとアリストファネスの喜劇を生んだアテナイの興亡は、
共同体と個性の両立の難しさを考えさせられる。

さて、今の日本はいかがであろうか、などと思ってみたり。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - その他 ブログトップ