So-net無料ブログ作成

人為と自然と疑似自然 [読書]

『デフレ不況をいかに克服するか ケインズ1930年代評論集』読了。

世界恐慌を中心とした大戦間期の欧州の経済状況に、即応すべき経済政策を説く。

政府の財政出動はもちろん、公債発行による公共投資のタイミングや、低利子率に
関する議論、自由貿易と保護貿易の得失、人口減少が経済に与えるインパクトなど、
今日でも取り上げられる論点。

一般向けの講演や評論を集めており、主著の『雇用・利子・貨幣の一般理論』と
比べて、結構読みやすかった。

基調には、個人の利益追求が市場を通じて最適な資源配分を生むという、古典派
経済学への信仰に対する痛切な批判が流れている。例えば、デフレ期における節約
キャンペーンのように、個人の経済活動にとって最適な行為が経済全体を損ねる、
いわゆる合成の誤謬などなど。

ケインズは、市場の機能を認めつつも、理想的な資源配分のためには、政府ないし
中央銀行の介入が必要と主張する。例えば、フランクリン・ルーズベルト大統領の
ニューディール政策に対し、景気の「回復」と経済の「改革」の二つの意義がある
ことを認めつつ、大恐慌直後の経済政策としては前者に注力すべきという提言を
行っている。

このような経済活動への介入は、ハイエクからは「隷従の道」として批判されかね
ないものである。ただ、ケインズの言動を読む限り、彼が社会主義的な統制経済を
志向しているとは考えにくい。

おそらく、ケインズの考え方を意訳すれば、養老孟司などの言う「手入れ」の思想
だと思う。

田んぼを例にとれば、自然そのままにしていれば、雑草は生え放題、害虫は蔓延り
放題で、収穫することは困難だろう。手を加えるのはもちろんだが、天候をはじめ、
最後は、人間の力の及ばない自然にゆだねざるを得ない。

おそらくケインズは、人間が作り出した経済というものを、自然に似たもの、つまり
疑似自然として考えていたのでは無かろうか。これは非常にデリケートな話である。

政治が経済に影響を与えるとすれば、政治は民意の名のもとに、どこまでも、統制
を及ぼそうとするだろう。いきつくところ、社会主義経済に他ならない。一方で、
ラディカルな自由放任主義が好景気不景気の波を呼び、不安定を招くことは自明だ。

「手入れ」は、統制を望む人々からは手ぬるいと指摘され、自由を望む人からは
不合理な規制強化と批判される。どっちつかずになってしまう。

いわゆるケインズ革命以降、政府は経済政策という麻薬を手に入れた。しかし、
経済は政治の思うままに推移するわけではなく、一方で、経済を円滑に回すには、
各種のルールの策定など政治の力は不可欠である。

ケインズの提起した問題は、一時代の経済分析を超えて、「経済」を理解する
方法論や、政策を実現する政治体制論にまで、広がりうるのかもしれない。

などと考えながらお布団の国に逃避したいある冬の夜。

nice!(0)  コメント(0) 

【読書】昔の女を振り返る [読書]

しばらくぶりに接すると、やはり愉しいと分かる。

必ずしも美女とはいえないが、深刻な話題に皮肉や冗談を交えながらかつペシミズムに
陥らず語れる芯の強さ、歴史のいいオトコ(ウホッ!)達をだいたい愛人にしたとのたまう
図太さ、そして、人間や社会を見据える視点のクールさと優しさ、女性であることを存分に
活かした切れ味。

要は痛快なのだ。

ちょいと年上なのが残念だが、同世代だったらイラっとさせられたかもしれないから、
40歳くらい年長でも仕方あるまい。

ま、塩野七生女史のことですな。

もちろん、全部を読んでいるわけではないけど、高校生くらいから、
「わが友マキアヴェッリ」
「海の都の物語」
「コンスタンティノープルの陥落」
「ロードス島攻防記」
「レパントの海戦」
「チェーザレボルジアあるいは優雅なる冷酷」
「神の代理人」
「ローマ人の物語」
「ローマ亡き後の地中海世界」
などを読み、その他「男の肖像」とか「男たちへ」などのエッセイにも、
とりあえず目を通している。

お気に入りは「わが友マキアヴェッリ」と「ハンニバル戦記」(ローマ人の物語2巻)。
自分が公的な事象に対する興味を固めたきっかけと言っていいかもしれない。

もちろん、内容なんかはほとんど爆発四散したか内臓脂肪になったかで、大して
覚えていやしないのだが。

その後も著作やエッセイなどは本屋で見かけたのだが、何となく勝手に卒業した気に
なっていて、手をつけずにいた。

だが、「日本人へ~リーダー編、国家と歴史編」を最近パラパラめくれば頷くことしきり。
妙に腑に落ちるというか、話が合う。話が合わなくても、その手があったかと、ヤラレタ感じ
にさせられる。

そこで、若いときに楽しんで読んだ本や得た知識、感じた思いの影響は、年をとっても
抜き難いものだとようやくにして気がついたのである。

おそらく、これほど明確ではなくても、意識してはいなくても、今の自分に影響を与えてきた
様々な本や人や思考や知識との出会いはたくさんあるわけで、自分の存在はそれらを血肉
にして生きてきたし、これからも当面は生きていくのだろう。

そう考えると、今までの出会いもこれからの出会いも仇や疎かにはできないとは瞬間思う
のだが、結局は面倒くさくなって、もとの木阿弥になってしまうがまあそれも仕方ない。

などと、昔の女の話からずいぶん飛躍してしまいましたとさ。

タグ:塩野七生
nice!(0)  コメント(0) 

向田邦子と石原慎太郎でグダグダ [読書]

『父の詫び状』(向田邦子)を読んでいたら、ふと、
『我が人生の時の時』(石原慎太郎)を思い出した。

共通項は、生と死。

後者が、ギリギリまで迫る死から生を炙り出すのに対し、
前者からは、軽やかな日常性にピタリ寄り添う死が香る。

二人の個性は明白に異なるはずなのに、なぜか、
生と死が織りなす模様には、似た絵柄が透ける。

それは少年時代に戦争を抱え、幼心に死ぬかもしれないと
世代全体が感じた人々の、共通認識なのかもしれない。

もしそうであるならば、経済大国の完成と没落を、
リアルタイムで目の当たりにしている我々世代の
共通認識とは、何なのだろうか。

そんなものは、スキゾキッズたちがフレニーの中に
分解してしまったのだろうか。価値観の多様化。

個性と自由の遠心力は、僕等を、それぞれ異なる星の人々
に変えてしまったのかもしれない。

だからと言って、今更別の生活を営むことはできない。

誰にも顧みられること無く、一人ぼっちの宇宙戦争を戦い、
敗れ、そして野垂れ死ぬ。

戦中世代が、圧倒的な死の影に怯えつつ手を携えて生きてきた
とするならば、僕らの世代は、各々ありふれた悲惨を受け止めて、
独りで死ぬだろう。

孤立が普遍的だなんて、どこか逆説的で面白い。

そう考えると、21世紀の日本を面白く考えられる
一つの羅針盤が、見えそうだがやっぱり見えない。

結局どうしようもないというわけか。やんぬるかな。

さて、グダグタな思考はこの位にして、
プロレタリアートに戻ろうかね。

nice!(0)  コメント(0) 

『狼眼殺手』刊行! [読書]

機龍警察シリーズの最新刊、『狼眼殺手』が9月7日刊行されました!

これまでも、アイルランド独立派の武装組織、ロシアマフィア、チェチェンの女性テロリスト集団などと戦ってきた警視庁特捜部。今回は、国内を揺るがす一大産業プロジェクトに関する疑獄事件と、それにまつわる連続殺人事件の捜査に踏み込みます。

刑事部の捜査一課、捜査二課といった警視庁部内の調整はもちろん、総務省、経済産業省、地検特捜部などとの駆け引きや、連続殺人事件の被疑者である暗殺者の真の狙いに翻弄される特捜部の面々。捜査二課の財務捜査官や国税の担当官など、新たなプレーヤーも登場し、事態はただただ混沌としていくことに。

これまで謎しかなかったにも関わらず、今回若干のプライベートを見せることになる警視庁の沖津特捜部長、混沌とした状況を打開すべく、思考し、判断し、そして乾坤一擲の賭けに出たその結末は、脳髄に冷や汗をかかせるのに十分です。

ネタバレしかねないので、紹介はここまで!

なお今回も、性懲りも無く執筆協力をしています。

*打ち合わせの様子はこちら*
 『とある作家の良心~月村さんの場合』
 http://daily-news-portal.blog.so-net.ne.jp/2016-02-28-1

月村さんによれば、『狼眼殺手』はこれまでのシリーズの中で最長だったとのこと。原稿を読んでいる時点では、むしろ疾走感をすら覚えるような読後感であり、率直に驚いてしまいました。このこと一つとっても、月村さんの読ませる力は、ここに来てますます進化しているのだと確信します。

映画も音楽もゲームも良いでしょう。

しかし、脳を掘り起こし、見えない像を見せ、聞こえない声を聞かせ、あるはずの無い思いを掻き立て、物語として全てを浄化する、そんな活字の魔力は、エンターテインメントとして極上のものと言えるのではないでしょうか。

冒険小説であり、ミステリ小説であり、警察小説であり、政治経済小説でもあり、どの角度から読んでも楽しめるまさにバーリトゥード。秋の夜長、もし物語に惑溺する感覚に浸るのであれば、『狼眼殺手』は推しの一冊だと思います。

---【amazonの紹介】--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
経産省とフォン・コーポレーションが進める日中合同プロジェクト『クイアコン』に絡む一大疑獄。特捜部は捜査一課、二課と合同で捜査に着手するが何者かによって関係者が次々と殺害されていく。謎の暗殺者に翻弄される警視庁。だが事態はさらに別の様相を呈し始める。追いつめられた沖津特捜部長の下した決断とは――生々しいまでに今という時代を反映する究極の警察小説シリーズ、激闘と悲哀の第5弾。

https://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E9%BE%8D%E8%AD%A6%E5%AF%9F-%E7%8B%BC%E7%9C%BC%E6%AE%BA%E6%89%8B-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%83%9F%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%AA%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%89-%E6%9C%88%E6%9D%91-%E4%BA%86%E8%A1%9B/dp/4152097094
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
nice!(0)  コメント(0) 

雑感、星新一 [読書]

ショートショートは、本読みとして、一度は経験する道なのだろう。

出会いは、中学校の国語の教科書にあった、「繁栄の花」。
オチのごろ合わせとブラックさに、子供ながら、戦慄に似た気持ちを抱く。

それから、「ボッコちゃん」、「ノックの音が」、「宇宙のあいさつ」、
「マイ国家」、「ようこそ地球さん」等々、大学まで立て続けに読んだ。

ショートショートが面白いのはもはや当然だが、ノンフィクションもよい。

「明治・父・アメリカ」や「明治の人物誌」は、
坂の上の雲を追う明治日本の群像と、父親である星一の姿が活写される。

父の事業失敗を物語る「人民は弱し 官吏は強し」では、
政争に巻き込まれた星一が、内務官僚の抵抗で許認可が得られなくなる
様子や、無実の阿片令違反で刑事被告人にされてしまう姿などが、
淡々と語られる。

父親の悲運を記しながら、憤懣を極力抑えた客観的な筆致が、かえって凄まじい。

今回改めて思ったのだが、星新一は、平明な日本語を連ね、 読者を異界へ導く。
ある評者がその文体を金平糖の上品な甘さに例えていたが、 それでは足りない。

金平糖ならば、その中にaddictiveなドラッグが仕込まれたボンボンに、 違いない。
酒飲みの言葉でいうなら、澄み切った冷たいウオッカだろうか。

口当たり良くページをめくれば、いつの間に酔い痴れている、みたいな。

久しぶりの星新一を読みつつ、いつの日か、危険さに気がついた大人が、
ショートショートを18禁にするのではないかとも思う。

むしろその方が、星新一にとって本望ではなかろうか。なんて。

nice!(1)  コメント(0)