So-net無料ブログ作成

In the depths,forever [新宿]

歌舞伎町のとある雑居ビルの4階、隣はホストクラブ。

その店に行くときは、いつも限りなく早朝に近い深夜、もしくは、限りなく真昼間に近い早朝だった。ドアを開けると、右手はテーブルとソファ。正面には、カウンターと、赤いジャージのちっさいおっさん。Bar in the depthsと店主のりょうさん。

角の水割りを傾けつつしばらくすると、概ね、カレーが出てくる。朝方に食うジャガイモのカレーは、何の変哲も無くて、でも、どんな名店のカレーよりも、ただただ、胃と心に沁みた。カレーもよかったが、個人的には、豆腐を入れたクリームシチューの方が好きだったのは内緒。

だらだらと見るタモリ倶楽部やヨルタモリは、こせこせした目的意識に縛られない、贅沢な時間の使い方。佐野元春の『Someday』がかかれば、声を張り上げ歌い、波田ニューヨークのマジ歌がかかれば、「ざ~んねん」と、とりあえず踊る。

飲み、食い、だらだらし、歌い、踊るうちに、眠くなる。

眠くなると、「りょうさん、ごめん」とつぶやき、ソファに移動し、横たわる。もしくは、カウンターに突っ伏し力尽きる。目覚めれば、もう昼前。僕にとってのdepthsは、まあ、こんな感じ。

僕らは、思い思いのやり方を開発し、薄暗いその店を心から使い倒した。ときには音楽を聴き、ときには歌い、ときには踊り、ときには喧嘩をし、ときには恋をし、語り、黙り、テレビ番組を見、飲み、食い、そして寝た。たくさん寝た。

少々大げさに言えば、そこは、人間が、人間らしく生きていた場所だった。それは、りょうさんという気のいい創造主が作り上げた、心地よい小宇宙だった。

それなりに年齢を重ねると、世の中にはそんな場所がとても少ないことに、否応なしに気づかされる。僕らは、いい年をしたおっさんやおばさんのはずなのに、ずっとずっとその小宇宙で遊んでいられる、本当に、無邪気に、ほとんど意識すらせずに、そう思っていた。

ところが、小宇宙は、あまりにも突然に、あまりにもあっさりと、永久に、失われた。創造主が、人間の世界を離れてしまったのだ。

唖然、困惑、茫然自失。

正直、in the depthsが永久に失われてしまったことを受け入れるには、僕の心は物分かりが悪すぎる。せめて、in the depthsでのかけがえない思い出の欠片を一つ一つ取り出しては眺め、同じ気持ちの人々と見せあいながら、喪失に耐えることにしよう。

りょうさん、ありがとう、そしておつかれさま。向こうで店を出すときも、どうか眠りやすい店にしてくださいな。

またね!
nice!(1)  コメント(0) 

献杯 [新宿]

目覚めれば夢かとぞ思う漆黒の闇に寝息の死屍は累々

黙祷を捧げた後にあん肝であおる清酒のかくまで苦し

頼むからその赤ジャージのおっさんをそっと優しく扱ってくれ

あるほどの酒注ぎ込めその深みあのおっさんを悼め浄めと

暗闇の朝と昼とを飲み込んだ日々よさらばさらばさらばさらば

nice!(0)  コメント(0) 

とある深夜のイタリアン [新宿]

新宿で酒を飲み深夜を回り、腹が減ることもあるだろう。

吉野家、松屋、ラーメン屋もよいが、ふとイタリア料理が食べたい。でもサイゼリヤはちょっと、、、
そんなとき重宝するのが、新宿区役所脇の地下にある『深夜イタリアン あかはる』だ。

日付が変わるころから開店し、シェフ一人、カウンターだけのその店。
きちんとしたピザやパスタも美味いが、肉や魚介をイタリア風に料理した折々の一皿もよい。
場所柄、酒飲みの気持ちを掴む一品もそれなりにそろえているのもありがたい。

料理に加え、シェフとの会話も悪くない。

「ここのピザは清龍より美味いね」*清龍=区役所前の居酒屋

などと軽口をたたこうなら、

「あそこのピザは俺が仕込みしてんねん、時給750円でな!」

なんて軽妙な応答が入る。これはこれで愉快。
都度、ここには書けないような毒舌が混じるのもよい。

個人的には、ムール貝の白ワイン蒸しを肴に、ハウスワインの白をデカンタで。
ムール貝が切れているときは、ゴルゴンゾーラの蜂蜜がけを代わりにする。

腹が減っているようなら、カルボナーラを合わせて食らう。
ほどよく焦げたパンチェッタが滋味深い。

食い終わると、なんとはなしに、満たされたような感じ。

営業時間が営業時間だけに、前もって予約して、知人と一緒に行くには向かないし、会社員
が日々通うわけにも行かないだろうが、新宿で湧き上がる深夜のイタリアン衝動を満たすには、
最適の場所ではないかと密かに思うのである。

nice!(0)  コメント(0) 

樽一雑感 [新宿]

さくら水産も、蔵元居酒屋清龍も、健心流もそれぞれ良さはあり悪くは無いが、
新宿のいわゆる居酒屋で好きなのは、やはり樽一である。

樽一は、複数人で行くのも良いが、基本的には一人でカウンターの方が多い。
たいがいは飲み始めで、その日のその日の自分への慰労である。

毎度毎度の凝った突き出しをアテに、枡に注がれた浦霞の金ラベルを口に含み、
転がし、喉を通すと、細胞がざわめくような感覚すら覚える。

何も浦霞の金ラベルが世界で一番美味い酒というつもりはないが、たまに樽一にくるときは、
仕事を終えて疲れていながら、どこか気はそぞろで、しかも素面だ。

そんな気分を、酒は上手に射抜いてくる。

ここでメニューを見て、その日の刺身を一つ、今時分ならいさきだろうか、好みの
刺身が無ければ、カウンター一人客用に、いつも鯨の刺盛りがあるので、それを頼む。

目の前には、大きな酒の冷蔵庫があり、思い思いのラベルや瓶を見れば、
それ自体が肴のような気がしてしまう。

おしむらくは瓶ビールがサッポロラガーからキリンの一番絞りに変わったことだが、
なに、日本酒がこんなに美味ければとりあえずビールは要らない。

刺身と酒が無くなったとき、思案のしどころで、もう少し、飲むか、食うか。
財布やら体調やらなんやらかんやらの、悩ましい、総合的な判断が必要とされる。

樽一は、刺身以外にも、ハリハリ鍋をはじめとする鯨料理をはじめ、
何を食っても、そして飲んでも概ね美味い。

それは分かっている。

ただ、また来たときのために食べたいものを取っておこうと、後ろ髪を引かれながら
勘定を済ませるのもまた、一興だとは思っているのである。

次に樽一に行くのは、いつのことやら。


1・28流民復活! [新宿]

ゴールデン街『流民』が、堂々の復活です!

2016年4月、火災に遭った新宿ゴールデン街。消防活動の尽力もあり、炎上したのは街の一部でしたが、いくつかの店は営業ができなくなることに。各店の店主たちの懸命な努力で、数か月を経たころから、一つ、また一つと営業を再開したり新規店舗がオープンしたりする中、最後まで残っていたのが『流民』でした。

実はここしばらくご無沙汰だったのですが、自分がゴールデン街に来始めたときに、大変お世話になったお店です。店主のスーさんを筆頭に関係者の心痛、いかばかりかとお察ししますが、元の場所で再開できたことと、これまでの頑張りに、心から拍手を送りたいと思います!!

『流民』は、ゴールデン街の中でも明るい雰囲気で、初めて酒場で飲む人にも入りやすいお店です。松本人志監督の「さや侍」で銀幕デビューを果たした野見さんが、時に働いたり時に飲んでたりすることで、ご存知の方もおられるでしょう。

復活したとはいえ前途これからの新生流民、ご存知の方も初めての方も、そしてご無沙汰の方も、ちょいと覗いてみて、酒を飲み、祝ったり冷やかしたりしてみては、いかがでしょうか?

【流民:facebookページ】
https://www.facebook.com/%E3%82%B4%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%B3%E8%A1%97-%E6%B5%81%E6%B0%91--148644918498775/?fref=ts

10980764_991113137585278_597005047469583546_n.png