So-net無料ブログ作成

安倍総理の賭け、前原氏の賭け、そして小池氏の賭け [政治]

衆議院解散に伴い、野党再編の動きが加速しています。小池都知事が立ち上げた希望の党に民進党離党者などが集ったかと思えば、野党第一党である民進党代表の前原氏が事実上の合流を表明。小池氏が民進党の全ての議員の受入を拒否し、調整が難航しています。

これまで、反憲法改正、反安保法制、反共謀罪など、いわゆるリベラル的な思想を旗印に反安倍政権を主張してきた野党勢力が、その思想とは程遠いはずの小池氏の下に結集しつつあるのを見るのは、率直に言って違和感があります。ただ、これまでの野党勢力が、政権交代を果たせるほど国民から支持されるかというと、それも難しいのが現実です。その意味では、代表就任直後、選挙に敗北して影響力がさらに削られる前に、政権交代を目指す勢力が結集する核として、これまでのリベラルの旗から豹変し、国民からの注目度が高い小池都知事を選択した前原氏は、大きな賭けに出たといえるでしょう。

賭けといえば、国政政党の立ち上げは、小池都知事にとっても大きな賭けのはずです。都議選の勝利で一定程度の支持があることを確信した小池氏ですが、築地市場の豊洲移転ではいたずらに意思決定を引き延ばし、かつ、八方美人的な結論に終始した結果、関連行政は停滞し、移転の賛成派、反対派それぞれから批判されています。その他の政策課題も目に見える進捗は無く、加えて、地域政党都民ファーストの不透明な運営にも疑問をもたれていました。これらの批判や懸念から目を逸らさせるとともに、安倍政権批判の受け皿になることで国民の支持を得るという、小池都知事の意思決定の早さや決断は、一定の評価に値するものだと思います。

解散は、安倍総理にとっても賭けだったことは間違いありません。当初は楽勝ムードだったにもかかわらず、野党再編の動きによって、話題的には完全に置いていかれました。また、消費増税の再延期を明示的に打ち出せない中、希望の党が増税凍結を打ち出したことも、無視できません。加えて、谷垣氏や高村氏など、これまで安倍政権を支えてきた重鎮が今回の選挙で相次いで引退するのも、不安要素の一つでしょう。小池氏を中心とするなりふり構わない野党の姿勢に対し、一歩間違えれば倦怠感にもつながりかねない、実績や安定感をどこまで訴求できるかが問われます。

そうなると、共産党、社民党、そして一部民進党のいわゆるリベラル勢力は、反安倍政権というこれまでの主張を単調に繰り返すのみで、この解散において自発的な動きがほとんどできていないことが、浮き彫りになってしまいました。しかし、リベラル勢力の視点はやはり必要であり、一定の国民の支持があるはずです。反安保法制、反共謀罪、反アベノミクスが、リベラル勢力内の単なる合言葉ではなく、その外にある人々にどう説得的に語るかが、強く求められると言えるでしょう。

いずれにせよ、現行法制度において、政治に対して国民の意思を示す機会は、選挙に勝るものは無く、世論調査でもマスコミや有識者び意見でもありません。現在の安倍政権が仮にどんなにどんなに問題を抱えていても、それは過去の選挙、つまり国民の意思の結果です。野党の混乱、与党の傲慢、そして自分の選挙区の候補者の主張や考え方も含めて吟味するとともに、どんな政権ができようとも、それを引き受ける国民の責任の一つとして、投票をしたいものです。

【参考記事】
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20170930-00000003-fnn-pol
nice!(0)  コメント(0) 

大事なのは競争!?河野外相と東京新聞 [政治]

河野外相のブログが興味深かったのでシェアします。内容は、ジュネーブ軍縮会議にかかる高校生平和大使の扱いとその報じられ方についてです。

同会議で、日本は高校生平和大使を政府代表団の一員として登録し、会議でスピーチをすることが過去三年の慣例でした。しかし今回は政府代表団としての登録が見送られることに。核兵器廃絶を目指す政府の姿勢が消極的であるとして、多くの報道がこの対応を疑問視し、政権を絡めて批判しました。

例えば東京新聞は、『関係者は「日本政府が署名しないと明言する条約について演説で言及されることを懸念したのではないか」と指摘した。』などと、匿名の第三者のコメントを掲載しています。

一方、河野外相はブログでこの経緯について説明し、元々高校生平和大使を代表団として登録する予定であったことに加え、にも関わらず、
 ・高校生平和大使の政府代表団登録に批判的な国があったこと
 ・全会一致での運営がルールである軍縮会議で同意を与えないという圧力があったこと
 ・代わりに高校生平和大使と各国代表の夕食会で意見交換の機会を設けたこと
などを指摘しました。

さらに第三者の推測に基づく発言を引用して政府対応を批判した東京新聞に対し、外相は、『高校生のスピーチに反対した国がどこか、取材していればわかっているだろうはずだが、その国の政府に対する批判は一言もない。』などと批判しています。

もちろん、河野外相の発言は、立場上当然ながら、政府や政権を擁護するものです。また、外国の圧力に屈して高校生平和大使の代表団登録を取り止めたことに対し、日本の外交力の弱さを批判する余地があるのかもしれません。しかし、外相のブログを通じ、報道から除かれていた事情を知ることで双方を比べる機会ができたのは、率直に良いことだと思います。

インターネットを通じ政府関係者が直接情報を発信できるようになった現代、報道機関と政府は、国民への情報発信という意味では、競争相手になったとも言えるでしょう。報道機関と政府の競争を通じ、国民にとってより質の高い情報、そしてインテリジェンスが提供されるようになることを願います。

【河野外相ブログ】
http://www.taro.org/2017/09/%E5%BE%8C%E3%82%8D%E3%81%8B%E3%82%89%E9%89%84%E7%A0%B2%E7%8E%89.php
nice!(0)  コメント(1) 

共同体と個性~古代ギリシアを例に~ [その他]

ツキディデスの『歴史』と、 アリストファネスの喜劇『雲』&『女の平和』を軸に。

前者は、ペロポネソス戦争(紀元前431年 - 紀元前404年)の同時代史である。
ざっくり2500年くらい前で、中国では春秋時代が終わって、戦国時代の初期あたり。

ギリシア都市国家の二雄、アテナイとスパルタ(ラケダイモン)が、あるいは
自国の野心から、あるいは相互の同盟市に引きずられ、ずるずると、全面戦争を
おっぱじめる。

世界史上まれに見る直接民主体制を敷き、ペルシア戦争で勇名を馳せた海軍力
で地中海東部に海洋帝国を現出したアテナイと、寡頭体制の強力な陸軍国である
スパルタとでは、戦争の性質も、徐々に共同体の本質がにじみ出ざるを得ない。

途中休戦を挟みつつ、あるときは名将ブラシダスの活躍でスパルタが有利に立ち、
またあるときはペロポネソス半島西岸のピュロスをアテナイが包囲降伏させるなど、
戦況は一進一退。

この膠着をぶち壊したのが、アテナイのアルキビアデスだった。

彼は、能力と財力と人脈でアテナイ政界を主導すると、アテナイの総力を挙げた
シチリア遠征を決定し、司令官となる。ところが、遠征途中国内で失脚の可能性が
浮上すると、さっさと遠征隊に見切りを付けて、単身敵国のはずのスパルタへ。

スパルタでは、アテナイの急所とも言うべき地に要塞を建築させ、さらに、
スパルタの為と称してペルシアの将軍に接近しつつ、アテナイへの帰還にも
望みを抱いている。売国奴と言うのは簡単だが、複雑きわまりない。

結局、シチリア遠征隊はほぼ全滅し、艦隊や重装歩兵に大損害を受けたアテナイは、
以降守勢を強いられることになる。また、『歴史』ではそこまで触れられてないが、
この大戦はアテナイの完全降伏で終わる。スパルタからすれば、派手なオウンゴール
であろう。

アルキビアデスは、アテナイで頭角を現したのはもちろん、スパルタでも、
ペルシアの将軍相手にも、それなりの処遇を受けたのだから、おそらくは、
どこでも通用するブリリアントな能力と個性の持ち主だったはずだ。

だが、アテナイは、遠征途中の司令官である彼を失脚させようとするなど、彼の能力を
活かすことはできなかったし、彼もまた、失脚の危機が訪れると、あっさりスパルタに
乗り換えてみせた。

そこからは、あまりにも自由な民主政体の機能不全と、それが育んだ個人主義が
透けて見える。

アリストファネスの喜劇は、まさにこの時代に書かれた。
人物や事件に、ペロポネソス戦争の事実がそのまま使われている。
『女の平和』なんてテーマそのものがそれだし。

おそらく、現代では、国家が遂行している戦争をそのまま喜劇にすれば、
不謹慎のそしりを免れないだろう。この点をとっても、当時のアテナイの
文化的な自由さが窺える。

自由が無ければ人材は育たないだろうが、自由は人から共同体へのリスペクトを
失わしめるものだと思う。

ちなみに寡頭制スパルタは、戦勝後あまりぱっとせず、ギリシア内の都市国家相互の
覇権は、曲折を経て、最後マケドニアのアレクサンドロス大王が飲み込むことになる。

アルキビアデスとアリストファネスの喜劇を生んだアテナイの興亡は、
共同体と個性の両立の難しさを考えさせられる。

さて、今の日本はいかがであろうか、などと思ってみたり。

nice!(0)  コメント(0)