So-net無料ブログ作成

アラブからのメール [日常]

先日英文のメールが来て、添付もついてないし暇つぶしで開いてみたら、
アラブ人からだった。

何でも、
 ・自分はアラブ国営銀行に幹部として勤務している銀行家である
 ・うちの銀行にインドネシア大地震で死んでしまった男の3,000万ドルの銀行口座がある
 ・しかし男には身寄りが無く相続人がいない
 ・このままでは誰かが事務処理をしてその口座の金を奪ってしまうだろう
 ・ところでお前死んだやつと名前が近い。お前に相続させる手続きを取るから、
  分け前は折半しよう
という話。

胡散臭いことこの上ないのだが、無聊にかこつけて何通かやり取りしてみると、
 ・銀行に請求する手続きのために弁護士を選任する
 ・弁護士にはかくかくしかじかとメールを送って欲しい
 ・俺の名前は出すな。秘密を守って欲しい
と言われたのでそのとおり送ったら、弁護士からもメールが来て、書類を準備する、
といったところで現在連絡が途絶えている。

ちなみに、銀行家とやらはHesham Abdulla Al Qassim、
弁護士はBARR AMIN USMANといい、ググると確かに顔と名前は出てくる。
まあ、成りすましなんだろけど。

しかし「アラブ 銀行 詐欺」辺りで検索すると、同じような文面を送られたケースは
たくさんあるようで、この場合、弁護士の料金を振り込ませるスタイルらしい。

そりゃ、分かっては、いますよ。

ただ悲しいのが、3,000万ドルの半分がもしあったらと、いろいろ夢想してしまったことな。

正直な話、何とか日々生きるので手一杯で、金銭的にも精神的にも正直余裕が無い。
何か事を起こそうにも意欲も損なわれている。

本当に、炭水化物摂取と睡眠をとるだけの震える肉塊としての日々だ。

そんな中、それだけのカネがあれば、当面生きることに不安を覚えずに、いろいろできる。
珍しく、意欲的な気持ちにすらなってしまう。

夢想だけで楽しくなると同時に、自分の意欲が生活への不安でいかに損なわれているかを、
そしてそれが回復できる可能性が少ないことを、痛切に自覚してしまったわけで。

正直、まさかここまでとは思わなかった。

いやはや、参ったねえ。

アラブからのメールは、ある意味詐欺と同じくらい、心に傷を与えてくれましたとさ。

nice!(0)  コメント(0) 

銀座みゆき館にて [日常]

当ても無く銀座など散歩して、歩き疲れたとする。

飯時には中途半端だし、かと言って、酒を飲む気分じゃないときだってある。
となると、どうしたって、選択肢は喫茶店ということになる。

資生堂パーラーはブルジョアに過ぎるし、かと言って、スターバックスでもなく、
タリーズやマクドナルドでもない。

風月堂も悪くは無いが、やはり、みゆき館が好みである。

学生時代、多摩モノレールに乗っていった立川の駅ビルにみゆき館が入っていて、
当時の交際女子とふらり立ち寄ったのが初めて。

20年近く前の、きらり木漏れ日のような思い出。

そこで銀座にも店舗があることを知り、忘れたころに茶などを喫しに行くことに。

白とそしてわずかに赤をを基調とした店内はそれなりに瀟洒だが、決して広いといえず、
ゆったりと座れる椅子でも無いのに、不思議と窮屈さを感じない。

おしゃべりしている人々の声も、なぜか、それほど気にならない。
要するに、まあ、居心地がいいのである。

茶やコーヒーだけならいくらでも家で飲めるはずなのだが、それでは足りない。

結局求めているのは、飲み物だけではない、街であり空気であり人の声であり、
何だか得体の知れない空間の経験なのだと分かる。

こういうのを、贅沢と感じるべきか、人間性の回復と見るべきか。
もし後者ならば、回復すべき人間性とは何だろう。

などと小理屈考えているうちに珈琲を飲み終える。
回復したのは人間性何ていう高尚そうなものではなく、中年の疲労か。

こうして、当ても無い散歩に戻ることになるとある日常なんである。

nice!(0)  コメント(0) 

【読書】さっさと不況を終わらせろ [読書]

クルーグマンは、2008年のノーベル経済学賞を受賞した経済学の権威でありながら、一般向けにも、非常に平易な言葉で経済政策を語ることができる稀有な存在です。(訳もまたよい)

この本は、リーマンショック直後に世界中で生じた急速な需要縮小、つまり不況への対策として、大規模な金融緩和と財政出動を伴うマクロ経済政策を採用する必要を強く訴えています(ちなみにこの組み合わせ、長期デフレに悩む某国の経済政策と似ていますね)。

もちろん、金融緩和にはインフレのリスクがあるし、財政出動は政府債務の増大というリスクがあります。
しかしクルーグマンは、アメリカや欧州の経済状況を概説した上で、それらのリスクが反対論者が言うほど高くは無いこと、それよりも、不況により職が得られず適切な職業経験が積めない世代が生じたり、教育等の公的サービスが削減されたりすることによって、長期にわたって悪影響が生じることを説明し、それらの問題のほうが大きいと指摘しています。

視点としてユニークなのは、まず、経済をいわば道徳劇として見ることへの懐疑です。例えば、個人としては質素倹約は正しい道徳かもしれませんが、経済全体でそれに従えば、深刻な不況に陥ります。もう一つが、市場原理主義が否定するような、不況から経済を好転させるための政策的な介入をためらわないことです。

もちろん、クルーグマンも政府による経済の管理を認めているわけではありません。その一方で、好景気や不景気の波を完全に放置することには、明確に否定的です。

デフレ不況対策として書かれたこの本は、そのような経済に対する市場と政府の姿勢についての役割や立場を考えさせられる、面白い本でした。

【amazom】
https://www.amazon.co.jp/%E3%81%95%E3%81%A3%E3%81%95%E3%81%A8%E4%B8%8D%E6%B3%81%E3%82%92%E7%B5%82%E3%82%8F%E3%82%89%E3%81%9B%E3%82%8D-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E3%83%BB%E3%83%8E%E3%83%B3%E3%83%95%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E6%96%87%E5%BA%AB-%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B0%E3%83%9E%E3%83%B3/dp/4150504237
nice!(0)  コメント(0)