So-net無料ブログ作成
食べ物系 ブログトップ
前の5件 | -

臓物を食らう、亀戸 [食べ物系]

ゴールデンウィークごろ、スカイツリーを背景に見る亀戸天神の藤の花もよいし、着席と同時に一皿登場しビールと交互に食い流し込む亀戸餃子もよい。たまには少し贅沢に、升本のあさり鍋の定食もなかなかに滋味深いものである。駅の反対側にも、よさげな飲み屋が手招きをしてくるかのよう。

そんな亀戸、しかし、個人的な推しはホルモン屋だ。

何件かあるホルモン屋のうち、好きなのは、『ホルモン青木』と『亀戸ホルモン』の2件。まあ、どちらも有名店だし、今更であるが、好きなのはしょうがない。いずれの店でも、ホルモン、すなわち獣の臓物の類を、ひたすらに七輪で焼いて食らうのである。

先日、数か月ぶりに知人から会おうかと誘いがあった。ならばしばらくご無沙汰していたことを思い出し、せっかくだから亀戸でホルモンでも食おうという段取りに。青木か亀戸ホルモンか、どちらも美味い記憶しかないので、入れそうであればどちらでも構わない。その日は、青木の方が若干行列が長かったので、亀戸ホルモンの行列に並ぶことにする。

そう、結構並ぶのである。亀戸ホルモンは事前予約を受け付けてない代わりに、遅すぎない時間で並べば、いつかは必ず入れる。並ぶのはあまり好きではないのだが、まあ、ディズニーにでも来たつもりで我慢する。知人とだらだらと四方山話をしながら、心中、ホルモンへの期待値を高めていく。

待つこと小一時間。

カウンターの席に通され、目の前の七輪に火が点る。まずはビールとホッピーセットで乾杯。混んでいるので食べ物の追加オーダーが難しいとのこと、幸い我々食が細い方ではないので、いろいろ頼む。ハツ、レバー、マルチヨウ、トロミノ、ホルモン、ミックスホルモン、煮込み、もやしナムル、キャベツ。

まずは高速で出てきたナムルとキャベツと煮込み。煮込みが存外に美味い。お互い2杯目を注文したあたりで、ようやくホルモン陣が運ばれてくる。赤黒い一口大の肉の欠片たち。待ってました。

あとは、ひたすら七輪で肉を焼いて口に放り込むのみ。

ハツは分厚くて食べ応えがあるのにサクサクしていて臭みも無く、レバーは高いレベルで芳醇な甘みとコクを放出し、マルチヨウの滴る脂が炭に当たって弾ける音と香りは例えようも無いほどで、トロミノはその名のとおり柔らかく旨味たっぷりで、何が入ってるかよくわからんミックスホルモンの味噌だれが軽く焦げた味は蠱惑的だ。

焼いた臓物を噛んで飲み込み、脂でギロギロとした唇や食道をビールやホッピーやサワーで洗うのは、ある意味獣としての官能的な快楽である。よい。

ふと周りを見れば、諸人臓物を焼き酒を飲み、語り、臓物を焼く煙は店内に立ち込め、店員はただただせわしなく臓物と飲み物を運び皿を下げていく。

そんな中、ふと思い出したのが、何年も前に読んだ『日本三文オペラ』(開高健)、屑鉄をたたき売って暮らすアパッチ族どもが牛の臓物を七輪で焼いて食らっているシーン。そして、牛鍋屋の喧騒を詠った詩、『米久の晩餐』(高村高太郎)。詩の言葉をいささか拝借するならば、「六月の夜は今亀戸にじゅうじゅうと焦げ立つ」のである。

脂と煙の陶酔の中に、酒が進み、会話が弾み、亀戸の夜は更けていく。

≪ホルモン青木≫
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13059962/

≪亀戸ホルモン≫
https://tabelog.com/tokyo/A1312/A131202/13008099/
nice!(0)  コメント(0) 

ある日の赤羽行、まるます家 [食べ物系]

たまには、赤羽で飲む。

いろいろよさげな店があるのはなんとなく知っているのだが、とりあえず行くのは、まるます家。十数年前、赤羽在住の知人(アカバネーゼ)が教えてくれたのである。

最初聞いたときは、千円未満で小さなすっぽん鍋が食えるということで驚いた。だが、メンチカツもよいし、季節の刺身もある。鰻の白焼きなんかで一杯ひっかけるのは、最高の贅沢だ。根菜がごろごろはいった牛すじの煮込みは滋味深く、夏なんかは、ゴージャスな冷や奴とでもいうべきたぬき豆腐なんかもよかろう。

要は、楽しいのである。

生活圏ではないので、年に1~2回行くかどうかだけど、衝動にかられるときがあって、この間もそんな感じでまるます家に行くことに。

週末などは並んでいることもあるのだが、その日はすんなりと。一人行動はこういうの便利。相変わらず、二列のカウンター席、気ぜわしく働くお姉さま方。中でも厨房との狭間、店の中央では、60代くらいのひっつめ髪のお姉さんが、注文や勘定の管理をこなす。司令塔のような姿は相変わらず凛々しい。

さて、まず飲み物。サッポロラガービール(赤星)があるのは素敵だ。ちょっと前までは、日本酒に、北区の酒、丸眞正宗があったのだが、蔵元が場所を変えてしまったためか姿を消していた。少し寂しい。ここはジャン酎にしておくか。

ジャン酎とは、ジャンボ酎ハイの略称。氷の入ったグラスと、炭酸で割った焼酎の1リットル瓶様が登場する。アルコール類は三本までとのハウスルールがあるが、ジャン酎は量が多いので、一本で終了である。今日の大事な相棒だ。

で、食べ物。店内のメニューの貼り紙を見回す。個人的なセオリーは、すぐに出てくる鯉の洗い。ただちょっと毛色を変えてみたく、その日たまたまあったナマコ酢とウドぬたを注文。幸いなことにまだ丈夫な歯でナマコをゴリゴリと嚙みしだきつつ、ウドのホロ苦みを堪能する。

一心地つくと、貧乏性なので、周囲の人々が飲み食いしているものが気になりだす。

右の紳士は、日本酒から入って鯉の洗いに進んだ。なるほど、そうだよな。左の紳士も、やはり日本酒と鯉の洗い、そしておしんこを追加。わかる、わかる、と思いながらナマコとウドとジャン酎。ここらで、少し温かいものが食いたいと思い、店内を物色。ああ、鰻いいなあ。鰻が美味しいのはわかりすぎているものの、近年のシラスウナギの不漁のせいだろう、高級すぎてちょっと予算をオーバーしてしまう。無念。

次善の策として、ナマズの唐揚げを注文。そうこうしているうちに、右の紳士は玉ねぎフライとカキフライを頼んでいた。左の紳士の日本酒も一本増えている。

ナマズ登場。見た目は普通の唐揚げ。身の食感はタラのようでほくほくとしていて、ほんのり、鰻などに共通するような川魚の香りがする。まずくない、決してまずくないぞ。唐揚げの熱さ、しょっぱさに進むジャン酎。ふと右の紳士、日本酒の後にジャン酎を注文。ルール違反か?店のお姉さんにたしなめられつつも、「まあ、肴が残ってるから仕方ないわね」と片目をつぶってもらっていた。こういう融通も味わいがある。

唐揚げを食って胃が温かくなったところで、ちょっと箸休めが欲しくなり、湯葉刺しを頼む。アサツキに湯葉を巻いたもの。ほんのりした湯葉の香りが優しい。すると左の紳士、「湯葉刺しって、そういうのだったんですね。僕も頼もうかな」と話しかけてきた。「そうなんですよ~」とか言いつつ、会話ともつかない会話を交わす。嫌いじゃない、この距離感。

湯葉刺しを食べ終えるころには、ジャン酎も残り少なくなってくる。そろそろ〆の一品を考えたい。温かいものがいいが、さて。すっぽん鍋か、どじょうとじか。で、選んだのが、鯉こく。鯉の身がしっかり入っていて、それなりに食べ応えもあり、味噌汁の温かさは全てを癒してくれるような優しさだ。

鯉こくを食い終わると同時に、ジャン酎も尽き、その日のまるます家は終了。ほどよい満足感。

一人で行くのはもちろん楽しいのだが、知人と行くといろいろ飲み食いができて、さらに面白いというメリットもある。また、背中に赤い羽根が生えたような気分の時に、まるます家を訪れたいもんなんである。


【まるます家】
https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132305/13003778/
nice!(1)  コメント(0) 

洋食妄想 [食べ物系]

洋食を食いに行くのも、悪くはない。個人的には、浅草の「ヨシカミ」が好み。前は近所にも支店があったのだが、今は、食べたいときに浅草まで出向いて。

世に味覚を糜爛させる代物が蔓延している時代、正直、「うま過ぎて申し訳ないス!」とまでは思わないが、プレーンオムレツはプレーンオムレツ、ポークソテーはポークソテー、魚フライは 魚フライ、ビーフシチューはビーフシチューと、頼んだものの味がしっかりとする。

これはこれで稀有なことではある。

町のビストロ、デパートの屋上を経て、ファミリーレストランに向かう時の流れに置いてこられた洋食的なもののエッセンスが、そこにはあると思う。

明治の人が感じたであろうモダンさハイカラさと、チキンライスを頼むでさえ親の顔色をうかがう幼い日(Mノリユキ「チキンライス」)が、妙に交錯する。

腹が減っていれば、オムライスを頼むことが多いかもしれない。できればカウンターでコックさんの動きをだらだら眺めて待つのが良い。

やや小さめのフライパンでご飯が炙られ、舞い上がり、見る間に薄赤色のチキンライスに変貌を遂げていく様、そのチキンライスが黄色いヴェールに包まれていく様を見ると控えめに言って、心躍る。

そしてケチャップの装い新たに、オムライス様が運ばれてくるわけだ。

オムレツをチキンライスの上で割るタイプでなく、チキンライスがきちんとオムレツにくるまれているタイプであり、当然その方が好きなんである。

赤く彩られた完成度高い黄色い紡錘形を無慈悲な匙で崩しつつ、後は食らうべし。

玉子の優しさとチキンライスのどっしり感とのバランスを匙の中で様々変え楽しむうちに、紡錘形は形を変えて胃袋に収まり、たおやかな満足感が残る。

オムライスや洋食がうまい店はごまんとあるのだろうが、旗こそ立っていないものの、花山薫 が食していたのは、きっとこんなオムライスではないかと一人ひそかに考える今日この頃。

nice!(0)  コメント(1) 

賛、うまトマハンバーグ定食 [食べ物系]

うまトマハンバーグ定食は松屋の最高傑作の一つではなかろうか。

ハンバーグがにんにくの効いたトマトソースにひたり、その上には半熟玉子。
トマトの酸味とにんにくの風味が食欲をそそり、ソースに混じる半熟の白身がまろやかさを
演出しつつ、黄身が確かなコクをもたらしてくれる。

ハンバーグもそこそこ美味い。

まず、玉子を除き、ソースだけを軽くまぶしたハンバーグの肉味で白飯を半分食らう。
その後、半熟玉子とソースを混ぜ、赤白黄色の入り混じった美味い何かを、
白飯にかけては食いかけては食いしているうちに、いつしか白飯を飲み終えている。

舌と腹に心地よい満足感。

ブラウンハンバーグ定食も悪くは無いが、玉子が目玉焼きなのが減点だ。
目玉焼きの硬さでは、ソースとのマリアージュを期待することはできないのである。
また、ブラウンソースはコクに偏りすぎ、トマトソースと比べ爽快感が少ない。

惜しむらくは、うまトマハンバーグ定食、季節限定商品であること。

たいていは夏だったような気がするのだが、今年はなぜか晩秋に登場。
理由はわからないがレギュラーにしてほしいくらい好みなので、食えればただただ嬉しい。

好きだったビビン丼も、いつしか消えうせてしまった。
どうかうまトマハンバーグは、末永く生き延びて欲しいものである。

そんな祈り。

nice!(0)  コメント(0) 

求む、おかめそば [食べ物系]

いわもとQ、富士そば、いろり庵きらく、小諸そば、ゆで太郎、箱根そば等々、
立ち食い蕎麦をこよなく愛する我が身ではあるのだが、たまには普通の蕎麦屋にも
行きたいもので。

もりそば、かけそばは王道ではあるが、少しシンプルに過ぎる。
かといって、天ぷらそばや鴨南蛮では、ちと油っこいときだってある。
いっそのことカレー南蛮という手も無いではないが、あくまで変化球。

そうなると個人的に好ましいのが、おかめそばなのである。

温かい蕎麦の上に、とりどりの具材。青菜、蒲鉾、ワカメ、しいたけ、お麩など、
見ているだけで楽しくなる。店によって微妙に具材が違うのもよい。

例えば、雷門、並木藪蕎麦のおかめそば。

蝶々のように結ばれた湯葉の下に、松茸を模ったお麩、そして白い蒲鉾が二切れ。
見た目は非常にシンプルだ。だが、湯葉も麩も蒲鉾も非常にしっかりとしていて、
具材だけで軽く酒が飲める。

これはこれで悪く無い。

そもそも、おかめそばとは、江戸時代末期に下谷の蕎麦屋が考案したものらしく、
やはりおかめの顔を模ったもので、それが広がったのだという。

だとしたら、今の蕎麦屋のおかめそばの具材の百花繚乱振りは、邪道と言うべきか、
個性と言うべきか、いささか判断に迷わないでもない。

そんなおかめそば、何故か不思議なことに、立ち食い蕎麦ではほぼ見かけない。
まあ、おかめそばを食べるときぐらい、のんびり座ろうということなのかもしれない。

おそらく、まだ見ぬおかめそばは世にあまねく存在するのだろう。

ふと蕎麦屋に入ったとき、そんな見知らぬおかめそばに遭うのが、
ささやかな楽しみでもあり、希望でもあるのである。

nice!(0)  コメント(0) 
前の5件 | - 食べ物系 ブログトップ