So-net無料ブログ作成
フィクション ブログトップ
前の5件 | -

ウイスキーの香り [フィクション]

いいウィスキーは、
いろんなことを思い出させてくれる。

客の誰もいない馴染みのバーのカウンター。
いささか薄暗いその隅(私の指定席だ)で、私は、
目の前のグラスに注がれたウィスキーを見つめていた。

とある、シングルモルトの30年物。

上質のカラメルのような色をした水面を、
少しくすぐるように揺らせば、立ち上る香気。

第一印象は、樽からのシェリー酒の香りが華やかに。
でもその底から、モルトの確かな、力強い香りが、
基調低音のように鼻腔に響いてくる。
それはそのウイスキー独特の、温かくて、爽やかで、
それでいて、ちょっと近寄りがたいドライな感じ。

無粋を承知で例えれば、経験豊富ながら瑞々しさを失わない、
一流の女優のような、そんな香り。

普段好きで飲んでいる10年物が、この香りを前にすると、
いじましいほど「若く」思われてしまう。

この酒が生まれた30年前に、私は何をしていたのだろう。
まだ、「将来何になりたいか」について、
可能性を考えずに語れる、小学生だったはず。

それから、いろんなことがあった。

私の人生は、人から見れば退屈この上ないのかもしれない。
人生を振り返るには、私はまだ青二才なのかもしれない。

でも。

草むらで虫取りをした思い出、
ゲームばかりで勉強をロクにせず苦労した浪人時代、
スノッブ気取りで、
わかりもしない古典を読みふけった大学時代、
いくつかの、とても不器用な恋、
「超氷河期」と言われた中での就職、
突然全てを投げ出したくなっての転職、そして、
そして、そして、そして、・・・・・・。

『若すぎて なんだかわからなかったことが
 リアルに感じてしまうこの頃さ』

気がつけば、小声で歌を口ずさんでいた。
少し気恥ずかしくなって、カウンターに目を向けた。
それにしても・・・

「マスター、今夜も順調に暇だね」

声をかけるとマスターは、 いかつい顔に泣き笑いのような
表情を浮かべて言った。

「今夜は、君を待っていたんです」

怪訝そうな私の顔を読み取ったのだろう。
マスターはいささか震える声で、とつとつと、語り出した。

一年前のこの日にも、この店で、
そのウイスキーを飲む機会があったこと。

その日には、ウィスキーが好きな常連達が集まって、
みんなでそれを飲もうと決めていたこと。

私も、そんな常連の一人だったこと。

私がとりわけ、その機会を楽しみにしていたこと。

そして、
その日にはなぜか、
私が来られなかったこと。

いいウィスキーは、
とてもとても大事なことを思い出させてくれた。

そうか。

そうだったのか・・・・・・

そのとき、バーの扉が開いた。
客が何人か入ってきて、そのうち一人が、
マスターに話しかけた。

「もう一年かぁ。早いもんだ」

「ええ。だから今夜はああして」

マスターが指さした薄暗いカウンターの隅には、
その、シングルモルトの30年物が注がれたグラスが置かれていた。

飲む人のいないそのグラスからは、 気高い香りがそこはかとなく漂い、
人々の記憶を優しくくすぐっていた。



nice!(0)  コメント(0) 

【フィクション】月の女王の涙 [フィクション]

物心ついてからは、病棟が、少女の世界すべてだった。
少女は、完治の見込みがない難病に冒されていたのだ。

極端な苦痛こそ無いものの、
病は日々ゆっくりとその身体をむしばんだ。
絶え間ない倦怠感と孤独感と焦燥感は、
彼女の精神をも損なっていった。

看護師はもちろん、医師や、見舞いに来た両親に対しても、
少女は、考えられる限りの罵倒の言葉を投げつけた。
言葉ではなく物を投げつけることさえも、
珍しいことではなかった。

皆、彼女の境遇に同情し、苦情一つ言わず、
できうる限りその意思に沿うよう努めていた。

こうして少女は、まるで女王のように、
病棟に君臨しているかのように見えた。

だが、彼女にもままならないことがあった。

女王は、ある若い男の看護師のことが、
とても気になっていた。
しかし自分の身体のことを顧み、その感情を、
こころの奥底に封じ込めようと努めていたのだ。

(わたしには、恋などできない)

だが若い看護師も、何とはなしに、
その気持ちに気づいていた。
なぜなら彼も、女王のことを好ましく思っていたから。

ある夜、消灯時間を過ぎたころ、
男は女王にナースコールで呼び出された。

「わたし、月が見たいの』」

夜の冷たい外気は、病には厳しい。
男は言葉を尽くして女王を説得しようとしたが、
その夜の女王はとりわけ聞き分けがよろしくない。

(まあ、短時間なら、平気か・・・)

男は、女王を屋上へ連れていった。

空は満月。
銀色の光が燦々と降り注いでいた。

女王は屋上の手すりにもたれ、
限りない憧憬に満ちたまなざしで、月や星を見上げた。
涼やかな夜風は彼女のつややかな黒髪を撫で、
月光は蒼白な顔を浮かび上がらせた。

男は、時間を忘れて女王に見入っていた。
女王はふと、男の方を向いた。
女王は、いや少女は、声も上げずに泣いていた。

男はためらわず少女を抱き寄せ、
そして涙の伝った頬に口づけた。
少女はおずおずと男の背に手を回し、
そして、か細い腕で力一杯男を抱きしめた。

それから、女王と男は逢瀬を重ね、いつしか、
唇を、そして身体を重ねるようになった。
それは文字通り、命を削るような行為であった。

女王の心は少しずつ和んでいき、周囲に優しくなった。
口さがない病棟内では、男と女王の間を勘ぐる者もいたが、
女王のご機嫌がいいことから、それ以上詮索しなかった。
ただ、女王が日々やつれていくことは、
もはやとどめることのできないものとなった。

そしてある日、女王は少女としてこときれた。
少女の顔には、うっすらと、満足げな笑みが浮かんでいた。

少女の死後、男は少女との関係の責任を問われ、
病院を解雇された。

男は少女の両親に会い、謝罪した。
少女の両親は、語彙を尽くして彼を罵り、
詰り、非難し、恫喝した。
男は何も言わずただ頭を下げただけだった。

男は、あの夜の満月が照らした少女の涙を胸に秘め、
生きていくことに決めていた。

nice!(0)  コメント(0) 

【フィクション】責任の行方 [フィクション]

私は公務員。

とある案件の文書を起案し、上司である係長の、
決裁を仰ごうとしたときのことだった。

係長は文書をチラと見て曰く、

「これは私じゃないな。課長にあげてくれ」

そう下命された私は、課長室に入り、
案件と文書の説明をした。

課長は少し思案げな顔をした後、言った。

「これは、私レベルの話ではない。局長にあげてくれ」

そう下命された私は、局長秘書にアポイントを取り、
しばらく待たされたあげく、ようやく局長室に入り、
局長に案件と文書の説明をした。

局長は、腕組みをしてうなりながら聞いていたが、
私が話を終えた後、こう言った。

「これは、私が判断して良い案件ではない。次官にあげてくれ」

そう下命された私は次官の秘書にアポイントを取った。
三日後に15分だけ、次官の日程が空いているとのことなので、
その日私は、次官室に入った。次官室に入るのは、初めてだった。

私は、初めて近くで見た次官に対し、
これまでの経緯と、案件と文書の説明をした。
次官の質問に答えているうちに15分はとっくに過ぎた。
ひとしきり質疑応答が終わると、次官から指示を受けた。

「これは、役人レベルで解決できる問題ではない。大臣に説明してくれ」

そう下命された私は、大臣秘書にアポイントを取り、
大臣の日程を押さえようとした。
大臣は、次期総理の評判もある有力政治家。
一週間後に10分だけ時間を割いてくれるとのこと。
その日、赤絨毯のふかふかした大臣室に入った。

これまでの経緯と案件と文書の説明をすると、
大臣は身を乗り出して聞いてきた。
それらに答え終わった頃に時計をちらりと見ると、
30分は過ぎていた。
へとへとになった私に大臣は声をかけた。

「これは内閣全体の問題だ。総理大臣に判断を仰ごう」

(総理大臣?)

一瞬耳を疑ったが、確かにそう下命された私は、
首相官邸にアポイントを取った。
折悪しく外遊に出たばかりの総理大臣は、
10日後にならなければ帰ってこず、しかも、
私に割ける時間は5分だけとのこと。

その日、官邸の入り口で、
厳重にボディチェックを受けた私は、
いよいよ総理大臣の部屋に通された。

テレビのニュースで見たことのある総理大臣は、
私の説明に対し大いに関心を示し、
ときにはうなずき、ときには質問を入れつつ、
やりとりが続いた。
途中秘書官が何度か入り、総理に紙片を手渡すが、
総理はそれを見ようともせず私と話し続けた。
話が尽きたころ、秘書官が大変焦った様子で入ってきて、
総理に耳打ちした。時計をちらり見ると、一時間は経っている。
総理は一言、

「そうか、大統領が・・・」

と漏らした後、私に対し、

「その件を私だけで判断するのは、非民主的だ。
 広く国民の意見を聞いてくれ」

(広く国民の意見・・・)

私は呆然とした。だが、確かにそう下命された私は、

今、

国民一人一人に、説明し、意見を聞いている。

ようやく昨日、
一千万人を少し、越えたところだ・・・

nice!(0)  コメント(0) 

【フィクション】永遠の命 [フィクション]

記憶を、どうにか、振り絞ると、あのとき、『神』に、会ったのが、
転機、だった、のだろう。

彼は突然目の前に現れて言った。

「お前の願いを3つ叶えよう」

いろいろ疑わしかったのだが、とりあえず、

『無限の資産』『永遠の命』『永遠の若さ』

を頼むことにした。

資産は、すぐにわかった。とにかく、お金が入ったのだ。
お金で買えるものは、すべて買った。

美食も車も家も土地も異性も愛情も友情も地位も名声も。

残り二つは、だいたい20年くらいたってから分かってくる。
知人たちの老いが、いやでも目立ってきた。

女性たちのいわゆるアンチエイジングの努力が涙ぐましい。

50年くらいすると、知り合いはあらかた死んでいる。

マスコミの取材なども数度受けるが、煩わしいので、
外出せずに暮らすことにする。

寂しくないこともないが、次々発明される様々な娯楽機器は、
なかなかに楽しい。時間もつぶれる。

それから、どのくらいたったのかはわからない。

ある日何気なくニュースを見ると、環境の悪化に歯止めをかけられず、
人類は明日、ありったけの水爆で地球を滅ぼすことに決めたそうだ。

なんと。

人類の一部は、片道分の燃料を積んだ宇宙船で未知の惑星を探しに。
残りは、すでに安楽死用の薬物を支給されているらしい。

まいったな。

特にやることもないので寝たり娯楽機器で遊んだりしているうちに、
感じたことのない強い衝撃と聞いたことのない大音響が。

はじまった。

連続する地震に気を失っていたのだろう。
目覚めると、宇宙空間にただよっていた。

周りには、かつて地球を構成していたと思われる様々な物体。
ふと見ると、月がやたら大きい。

どうやら、慣性で、どこかへ流されているようだが、
行き先はわからない。

月や星が綺麗なのはよいが流石に飽きてきた。

何か、考えようとするが、時間が、無限にあると思うと、
どうも、億劫になる。

もう、

しばらく、

ただよい、

続ける、

ことに、

しよう・・・

nice!(0)  コメント(0) 

【フィクション】日陰者の冬 [フィクション]

いよいよ俺も年貢の納め時か・・・

自分の身体が手際よく天井から吊されていくのを、
全く他人事のように感じながら、
俺は、つらつらと、いろんなことを考えていた。

思えば、生まれてからずっと、
日の当たらないところで暮らしてきた。
それが、当たり前だと思っていた。

日陰で生きていくには、
多少は知恵が回らなきゃだめだった。
だます方よりだまされた方が、
なんて言うが、ありゃウソだ。
俺は、何度となく他人をだまし、
食い物にしてきた。

だます方法なんて、簡単だ。
ピカピカのエサをぶら下げてみせりゃ、イチコロ。
みんな、一皮剥けば欲の塊だってこと。

あのまま日陰で暮らしてりゃ、
俺も、天寿を全うできたかもしれねえ。
でも、それだけじゃ、空しいじゃないか。

俺は、日の当たる場所に出てみた。
その結果が、これだ。

あっという間に捕まっちまって、
飲まず食わずであちこち連れ回され、
吊し上げられて、そして、これから、
殺されるんだろ、、、

うげっ・・・

いきなり、口から大量の液体を注がれた。
たぶん、水だ。新手の拷問か。
こんなにたくさんの水なんて、飲めやしねえ。
ちくしょう、殺すんなら、いたぶらずに、
さっさと殺せ・・・

ああ、気持ち悪い。
あんなに、水を、飲ませやがって。
ふうう。

お?ようやく獲物を出してきやがったな?
そうだ。早いとこ、その包丁で、ばっさりやってくれ。
俺も、もう、さすがに、あきらめたよ。

俺の皮膚に、刃物の、鋭く、冷たい感触が走っていく・・・


ある小料理屋の店先、初老の男が慣れた風に暖簾をくぐった。

「いらっしゃい!」

「今日は、何があるかな?」

「ちょうどいいときにいらっしゃいました!ちょっと早いですが、
極上のが入ったんで、是非肝の友和えで召し上がってください!」

「今の時期だと、なにかね?」

「へい、アンコウです」

nice!(1)  コメント(0) 
前の5件 | - フィクション ブログトップ