So-net無料ブログ作成

『欺す衆生』感想~かくして人間は妖怪へ~ [読書]

『欺す衆生』(月村了衛)読了。

面白かった。

ささやかな希望を持つに過ぎなかった男が、多くの人の金と欲と命の業火の中で窯変していく物語。

かつて豊田商事をモデルとする詐欺企業の一員で、現在では妻子思いでつましい暮らしをしていた主人公隠岐は、当時の同僚因幡の勧誘に乗り、導かれるままに、様々な詐欺ビジネスの渦中に放り込まれる。

苦悩しながらも詐欺の才能に目覚める隠岐は、社内での勢力争い、暴力団との交際、表向きの顔として設立した投資顧問会社の運営など、金銭とそれによる妻子の生活水準向上と引き換えに、真っ当ではない社会にズブズブと嵌っていく。

隠岐を誘った因幡は、隠岐に次々とビジネスの餌を与え、まるでメフィストフェレスのように、決して放そうとしない。そして、隠岐は表向きの投資顧問会社の腹心の裏切りに合い、そして詐欺ビジネスでも頼みにしていた部下にも裏切られ、暴力団が持ち掛けた彼らの死を黙認する。

メフィストフェレスであったはずの因幡も、いつしか精神を錯乱させ、暴力団によるトラブル対処において、文字通り致命的な過ちを犯す。ビジネスを、そして生活を維持するために、もはや暴力団との関係は切っても切れないものとなっていた隠岐は、暴力団に対するケジメとして、自らの手で因幡の命を奪うことを余儀なくされる。

因幡を失い独り立ちしてしまった隠岐は、詐欺組織の運営に、万全の才能を開花させる。大企業や政治を巻き込み、不正を嗅ぎつけたジャーナリストを国外で処分する策を立てるなど、その姿は、因幡とのビジネスにおいてかろうじて保っていたはずの倫理のタガが外れたかのよう。

そんな隠岐にとって大切なのは、やはり妻と二人の娘、すなわち家族だった。

家族の暮らしを守るために詐欺組織を回してきた隠岐だが、その多忙さは家族への配慮を失わしめるのに十分だった。いつしか、妻や娘たちとのコミュニケーションが失われ、個々人が相互理解からほど遠くなってしまっても、まだ、隠岐はかつて家族であったものを愛し続けようとした。上の娘が結婚詐欺被害の危険に遭遇したとき、彼は政治家をも巻き込んで全力でその阻止にあたり、そして成功する。

公私ともに当面の苦難を乗り越えた隠岐は、もはや、自分を誘い込んだメフィストフェレスである因幡の存在も、そして自らの手によるその死をも記憶のかなたに追いやって、当面の詐欺に邁進。

ここで、物語が終わる。

隠岐は、妻と娘を愛しその幸せのために懸命に働くという至極真っ当な人間だった。しかしその一方、あるときは因幡と、そしてあるときは彼自身が作った詐欺の仕組みは多くの人々から財産を奪い、そして彼自身、周囲の人々の死に直接・間接に関与してきた。

そこにいるのは、あくまでも人間的な存在を目指しながら、多くの人間から金と涙と命を搾り取る、矛盾をはらんだ一人の妖怪であった。

物語が進むにつれ、隠岐は一歩、また一歩と妖怪に近づいていく。人間が人間としての幸せをつかもうとするならば、その人間は妖怪にならざるを得ないのだろうか。人間が人間として幸せであることは、不可能なのだろうか。

エンターテインメントと言うにはあまりにも哲学的であり、哲学というのはあまりにも痛快すぎる、『欺す衆生』は、物語をつうじて、そんな、生きることと幸せとを深く考えさせられる読書体験だった。

≪amazon≫
https://www.amazon.co.jp/%E6%AC%BA%E3%81%99%E8%A1%86%E7%94%9F-%E6%9C%88%E6%9D%91-%E4%BA%86%E8%A1%9B/dp/410339532X

nice!(0)  コメント(0) 

【読書】かなわぬ夢、檀一雄との一献 [読書]

『美味放浪記』(檀一雄)読了。なかなかに楽しかった。

既読の『火宅の人』『リツコその愛・リツコその死』では、天然の旅情とやらの狡さやえぐさがやや身につまされるような思いで面白苦しかったが、『壇流クッキング』や『美味放浪記』には、愉快さ痛快さが先行し安心する。

『美味放浪記』は国内外の旅と食の思い出をひたすら連ねているものだ。

太宰治と一緒に新宿の露店で買った毛蟹を歩き食いしたり、リスボン・パリ間の一等列車でむくつけき男どもが盗んできたというハモン・セラーノを削り削りともに舌鼓を打ったり、若き日に満州で間借りしたロシア人夫婦の家でボルシチを盗み飲みしたり。

開高健のように精緻な精妙な味の描写があるわけではなく、吉田健一のような自信と教養に裏打ちされた暖かさを感じるわけではないが、これはこれで印象的だ。

そうかと思えば、朝鮮半島のオンドル小屋に思いを馳せ、

「自分の死にまっすぐ直結するような、簡素で悠々たる自分の人生を作り直してみたい」

などと、ふと我に返って見せるから油断ならない。

清浄な水を床にぶちまけて行くとこまで行ってやれ、そんな潔さと強さとどうしようもなさとその自覚を、檀一雄のエッセイからは感じてしまうのである。

さて、文は人なり、とはいう。

だがかつて邱永漢は、檀一雄を評して、その文章よりも人間のほうがはるかに面白いと言ってのけた。生きていたら、一緒にだらだらと飲みにいったら楽しかろう、そんなことを檀一雄に対して思った次第なんである。

nice!(1)  コメント(0) 

【読書】大人にこそ、物語は必要だ(『機忍兵零牙』) [読書]

『機忍兵零牙(新装版)』(月村了衛)読了。

『零牙』自体は9年前に読んでおり、今回は再読。いやはや、「学びて時に之を習う亦説ばしからずや」という論語の言葉を改めて噛み締める。要は楽しかったのだ。

数多の次元を支配する「無限王朝」に滅ぼされた亡国の幼き姫と王子、そして彼らを狙う無限王朝の走狗としての忍び「骸魔衆」。主人公零牙をはじめ「光牙衆」は無限王朝と戦う忍びの勢力として、亡国の王の願いを聞き届け、姫と王子を守って安全地帯に送り届ける使命を帯び、骸魔の精鋭六機忍と戦うことになる。

「無限王朝」「忍び」「光牙」「骸魔」「六機忍」等々、目で見ただけでも心くすぐる文字列が乱舞する。

光牙と骸魔がそれぞれ生命をかけ、知恵を振り絞り、各自の機忍法で戦う様はまさに手に汗握る。加えて、それぞれ類まれな戦闘力に恵まれながら、ここではない、そして存在すら定かではない<本当の世界>への郷愁に焦がれる光牙の「忍び」たちの言動は、ともすれば戦闘が続く殺伐とした物語に、言いようの無い複雑な陰影を添えてくれる。

光牙者たちが憧れるという<本当の世界>がもし僕らの生きる浮世だとするならば、僕らにとっての<本当の世界>はむしろフィクションの闇の世界なのかもしれないのである。

ともあれ、10代のころ耽読したマイケル・ムアコックの『エターナルチャンピオン』シリーズもかくやという異世界の冒険譚を、絢爛にして流麗、そして耽美な日本語で読めるのは、率直に言って、喜びとしか言いようがない。

良質の物語は、登場人物への試練や艱難辛苦を通じ、人間の生、つまり善も悪も愛も憎悪も優しさも厳しさも悲しさも喜びも、しっかりと思い知らせてくれる。日常生活に埋没し、常なるものを見失った大人にとって、物語を読むことは、人間としての全体性を蘇らせる一つのきっかけになるのではないかと個人的には思っている。

そう。大人にこそ、この世界ではないファンタジー、そして物語が必要なのだ。

『機忍兵零牙』は、周到に編まれた文体による痛快にして痛烈な冒険譚であり、僕らの世界認識に一石を投じる良質のファンタジーであり、そして大人のための物語であると、僕は確信しているのである。

≪amazon≫
https://www.amazon.co.jp/%E6%A9%9F%E5%BF%8D%E5%85%B5%E9%9B%B6%E7%89%99%E3%80%94%E6%96%B0%E8%A3%85%E7%89%88%E3%80%95-%E3%83%8F%E3%83%A4%E3%82%AB%E3%83%AF%E6%96%87%E5%BA%ABJA-%E6%9C%88%E6%9D%91-%E4%BA%86%E8%A1%9B/dp/4150313814


nice!(0)  コメント(0) 

【読書】承久の乱とかいう日本史上屈指の悲劇 [読書]

『承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 』(中公新書)読了。

面白かった。

院政期から承久の乱までを概説した本書、一般向けの書籍だけに専門的な要素は抑え、読みやすく仕上げてあるが、そこからは濃厚なドラマの匂いが立ち上るのをどうしようもない。

まず、主役である後鳥羽上皇からして傑出している。『新古今和歌集』の編纂をはじめ、優れた和歌を多く残した文化人としてはもちろん、源平の争乱で乱れていた宮廷の儀式を過去の事例をさかのぼって整えた行政能力に加え、武芸、蹴鞠といった身体能力にも恵まれた、能力と覇気と自負に満ち溢れる、まさしく帝王だ。

対する鎌倉幕府の将軍、源実朝。若年ながら、藤原定家を師としてすぐれた和歌を残した文人であり、かつ、北条氏をはじめとする武士の政治的介入から脱しはじめ、将軍親政の影響力を確立し、主導権を獲得しつつあったとき。

和歌を通じてか、後鳥羽と実朝の関係は良好であり、その流れのもと、親王を将軍に据え、実朝によるその後見が模索される。これにより、実朝は、朝廷の威力をもって幕府における主導権を確立できるとともに、後鳥羽も、鎌倉幕府への一定のコントロールを確保できることになる。朝廷と幕府の平和的な共存だ。親王将軍の誕生には、北条政子を通じてその下交渉が行われており、北条氏にも異存は無い。

しかし、その目論見はあっさり崩壊する。実朝の横死。

実朝の死をきっかけに不安を募らせた後鳥羽は、幕府への対応を硬化させる。親王を将軍とすることを拒否し、摂関家の子を充てることにとどめた。また、幕府の御家人相互の争いで大内裏が消失したことに幕府の御家人掌握力を疑問視する。さらに、大内裏の再建費用の調達に関し、武士からの抵抗があったことで、後鳥羽の不信感は最高潮に達する。

こうして、承久の乱の幕が切って落とされた。

続きはこちら


nice!(0)  コメント(0) 

『グイン・サーガ』へのささやかな思い [読書]

栗本薫さんが亡くなって、もう10年か。

それを知ったとき、読み続けていた『グイン・サーガ』への印象が、
ガラリと変わったのを生々しく覚えている。

一言で言えば、自分とパラレルなもう一つの世界は、動きを止めたということ。

15歳くらいから読み始め、大学在学中には、リアルタイムの新刊に追いついた。
僕にとって、『グイン・サーガ』は物語ではなかった。 むしろ、外国の「ニュース」だった。

豹頭の戦士を中心に動く世界。

そのうねりに人々は飲み込まれ、ときには従い、ときには抗う。
飯を食い、酒を飲み、恋をし、戦い、祈り、そして生きる。
英雄も民も、悩み、苦しみ、己が運命を全うする。

王侯貴族も市井の民も変わらない。それぞれの懸命な生き様。
僕にできるのはただ、胸を躍らせてそれらを見守るだけ。

そして、それぞれの人物の行く末に一喜一憂し、世界の動きに思いをはせる。
見知らぬ外国よりも、ずっとずっと、 グイン・サーガの世界はリアルだった。

そんな世界が動きを止めたのだ。

動きを止めた世界は、ようやく、 「物語」という結晶になったのだろう。

やれやれ。

今でも、『グイン・サーガ』が書き継がれているのは知っている。
しかしそれはやはりニュースではなく「物語」なのだと思う。

久しぶりにじっくりと、ニュースではない、物語を読み返すことにしようかな。

nice!(0)  コメント(0)