So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

後知恵かつラフな振り返り~日本経済と政策対応の約三十年~ [経済]

1:はじめに

デフレ対策から見た日本の政治と経済政策に関し、素人として振り返ってみたくなったので書く。

格差拡大、少子高齢化、社会保障の財源危機、個人消費や設備投資の低迷、国債残高の増加等々。日本経済は暗い話題にことかかない。

そんな長期停滞に悩む日本経済の問題がデフレによる経済全体の収縮にある、そして、デフレ対策には個々の経済主体の努力では足りず、マクロ経済政策が必要である、という認識が一般的になるのは、残念ながら、2012年12月の第二次安倍政権成立まで待たねばならなかった。

もちろん、経済にはデフレ以外の課題もあろうが、最優先がデフレ脱却であり、経済が成長する、もっといえば給料や所得があがるという希望の共有のはず。少しずつでも経済が成長すれば、社会保障や財政再建に対し次の手を打てる。だから、まずはデフレ脱却が必要とされている。

≪参考≫
https://daily-news-portal.blog.so-net.ne.jp/archive/c2305792282-3

プラザ合意後の急速な円高に伴う製造業の不可逆的な海外流出、消費税導入に伴う個人消費の落ち込み、バブル崩壊による信用収縮等々、1980年代の後半から90年代初頭を2010年代後半の今振り返れば、長期デフレの条件は出揃っていた。

リーマンショックの後にクルーグマンらが指摘したように、デフレ対策で必要なマクロ経済政策のパッケージは、市場に資金を提供する「金融緩和」と、デフレにおいて脆弱な民間の資金需要を公共部門で下支えする「財政出動」の二つである。EU諸国と異なり財政・金融政策の自由度が高く、国債がほぼ国内で購入される日本においては、「金融緩和」も「財政出動」も、十分に可能な選択肢だったはずだ。

では、時の政権は、それぞれ、この長期デフレの兆候に対し、どのように対応したのだろうか。

後知恵的に言えば、残念ながら、デフレに対して一貫した政策が取られたとは言い難い。はっきり言えば支離滅裂だ。当時の政治に経済を省みる余裕はなかった、とでも言えるだろうか。

もう少し細かく見てみよう。

2:プラザ合意+バブル崩壊=デフレ不況のスタート(1985~1992)

中曽根内閣から竹下内閣にかけ、プラザ合意以降の急速な円高に対して国内外で有効な手が打てず、円は上がり続けた。国内製造業の海外流出はまだその弊害を見せない一方、円高による原材料等の輸入品価格の低下や、海外旅行での強い円がもてはやされ、日本は好況感に包まれた。円高不況対策としての金融緩和は過剰流動性を生み、世の中にお金が溢れるようなイメージ。こうして、バブル経済が登場した。

竹下内閣は、このバブルの好況感を背景にか、高齢化社会の社会保障制度の財源確保のための消費税導入を決断する。竹下内閣の末期は、消費増税とリクルート問題をはじめとしたスキャンダルにより、参議院選挙で敗北。後継内閣の有力候補者は、軒並みリクルート疑惑への関与で動けなかった。また、竹下内閣が崩壊しても、竹下派は自民党内の最大派閥として、総理大臣選出のキャスティングボードを握り続けた。

その後、女性スキャンダルで短命に終わった宇野内閣。そして、小沢一郎氏曰く「御輿は軽くてパーがいい」という、政治的なクリーンさだけがウリの海部内閣は、竹下派の強いコントロール下に置かれた。海部内閣のイシューは湾岸戦争への対応と、小選挙区制の導入可否が焦点の政治改革、選挙制度改革であり、経済ではなかった。プラザ合意による円高が進行中であることに加え、バブル崩壊という長期デフレの兆候が見え始めたこの時期にも関わらず、日本の政治は経済に対しあまりにも関心が薄かった。

3:政治改革、行政改革に翻弄される経済(1993~2001)

続く内閣で首相を務めた宮澤喜一氏は、おそらく、日本の政治家として最も経済政策に精通している一人だったろう。宮澤内閣では、バブル崩壊に伴う信用収縮が深刻な不良債権問題を引き起こしていることを直視。不良債権処理のために、金融機関への公的資金注入の枠組みが検討されるが、党内外の支持が得られず、実施できなかった。不良債権問題はそのまま放置され、公的資金注入のスキームは約5年後の小渕内閣で、そして最終的な解決は、約8年後、小泉内閣の竹中平蔵経済財政担当大臣による大鉈を待つこととなる。当時むしろ話題になったのは、ここでも経済ではなく、政治改革であった。

続きはこちら


nice!(0)  コメント(0) 

夏は夜、ところてんはさらなり [食べ物系]

暑い日の夕暮れ時から夜にかけ、夕飯にはまだ早いけど小腹がすく、
そんなときに思い出すのがところてんなんである。

ところてん自体、大して味があるわけでも無いが、
のどごしのよい麺のような食感に、ほのかに海藻のにおい。

ひんやりとしたところてんに、酢醤油の鮮やかさと辛子の刺激を混ぜれば、
すする一口に、何ともいえない涼感がただよう。

美味いとか不味いじゃない、舌と喉と胃袋から全身に伝わる、感覚。

地域によっては黒蜜で食うところもあるようだが、食わず嫌いとして敬遠。
やはりところてんは酢醤油と辛子に限ると思いたい。

子どもの頃にもところてんを食べたはずなのだが、どうも記憶に無い。
記憶には無いが、なぜか、ところてんは夏の夕暮れの縁側が似合う、
そんな景色が刷り込まれているような気がする。

同じ縁側なら、ところてんに加え、キンキンに冷やした日本酒があると、
なおよい。あまり時間をかけず、ところてんをすすり、軽く引っ掛ける
といった感じが愉しい。遠くから、花火の音でも聞こえれば最高だ。

そんな愉快な妄想を抱きながら寝床の染みと化しつつある己の人生に、
一抹の涼感が訪れることを祈りつつ。

ところてん
すすれば涼し
夏の夜の
夢は花火と
失せにけるかな

nice!(0)  コメント(0) 

雑感、古代ローマとキリスト教、民衆の過剰適応 [その他]

職場でふと、「ローマ人の物語」(塩野七生)の話になり、
話題はキリスト教に及んだ。

紀元前後に生まれたとされるキリスト教は、
ローマの衰退、すなわち、ローマ世界の民の生活水準の低下と
反比例するかのように繁栄し、最後はローマの国教となる。

いわば、ローマ世界の乗っ取り。

多神教のローマ思想と相容れない一神教のキリスト教に対し、
塩野七生の点はひたすら辛い。

「邪悪で堕落した」ローマ国家の義務を果たさず、
教会という排他的な共同体を形成するキリスト教徒は、
ローマ社会のフリーライダーと言ってもよいだろう。

なぜなら、キリスト教徒ではあっても、ローマ法や、
ローマ軍団による安全保障、そして、街道などの交通網等の
いわゆる公共インフラによる利益を享受していたのだから。

しかし一方、当時のローマの民の気持ちを虚心に想像すると、
「神」に帰依したくなる気持ちも、わからないでもない。

3世紀以降のローマは、緩やかな衰退過程に入る。

約300年ローマ世界を守ってきた防衛戦が浸食され、
蛮族の侵入がじわりじわりと始まる時期。

何の罪もなく土地や作物を蹂躙された民は、

「なぜ?」

という思いとともに痛切な無力感、絶望を抱いたに相違ない。

キリスト教は、曲がりなりにも、
その「なぜ?」に対する答えを与えたのでは無かろうか。

蛮族の侵入やローマの衰退を解決しようと考え、
そしてそれを実行に移すには、問題はあまりにも複雑で、
錯綜しており、民の想像力や行動力を越えている。

そんな中、

「悔い改めよ」「神の国は近い」「信ずるものは永遠の命を」

というスローガンの下、悲惨な現状を、「神」と「信仰」で整理して、
受容しようとしたに違いない。

要するに、キリスト教の受容は、民の現実適応の一手段だと、
僕は思う。

自分がローマ末期の民であれば、やはりキリストを信じたろう。

悲劇は、蛮族の侵入を直接の原因とするローマ社会の劣化に、
キリスト教は、そして「信仰」は、あまりにも無力だったこと。

無力どころではなく、生活水準をまがりなりにも支えてきた、
従来の共同体への協力を、「信仰」のために拒否することで、
ローマ社会の解体を促進してしまったこと。

ローマ世界が滅んだ後、欧州では、「神の国」中世が始まる。
ここで中世の是非について論じるつもりはない。

ただ、人々の生活水準がローマ時代に戻るのに経過した時間、
西ローマ滅亡後、概ね1000年。

神の気まぐれといっても、余りに長い時間ではないか。

さて、高度な生活水準と、目前の生活への無力感、絶望。

3世紀のローマの民の気持ちに、そこはかとなく、
共感出来る気がするのはなぜだろう。

キリストの復活、案外近かったりして。

nice!(0)  コメント(0)